Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.2. ユニットファイル構造

通常、ユニットファイルは 3 つのセクションで構成されています。

  • [Unit] セクション- ユニットのタイプに依存しない一般的なオプションが含まれます。このセクションに含まれるオプションはユニットを説明し、ユニットの動作を指定し、他のユニットへの依存関係を設定します。最も頻繁に使用される [Unit] オプションの一覧は、表17.1「[Unit] セクションの重要なオプション」 を参照してください。
  • [Unit type] セクション - ユニットにタイプ固有のディレクティブがある場合は、そのユニットタイプにちなんで命名されたセクションにまとめられます。たとえば、サービスユニットファイルには [Service] セクションが含まれます。
  • [Install] セクション - systemctl enable コマンドおよび disable コマンドでユニットをインストールした際の情報が含まれます。[Install] セクションのオプションの一覧は、表17.3「[Install] セクションの重要なオプション」 を参照してください。

17.2.1. [Unit] セクションの重要なオプション

以下の表は、[Unit] セクションの重要なオプションを示しています。

表17.1 [Unit] セクションの重要なオプション

オプション [a]説明

詳細

ユニットの説明です。このテキストは、たとえば systemctl status コマンドの出力に表示されます。

Documentation

ユニットのドキュメントを参照する URI の一覧を提供します。

After[b]

ユニットが開始する順序を定義します。このユニットは、After で指定されたユニットがアクティブになると開始します。Requires とは異なり、After は、指定したユニットを明示的にアクティブにしません。Before オプションには、After と機能が反対になります。

Requires

その他のユニットに依存関係を設定します。Requires に一覧表示されるユニットは、対応するユニットと共にアクティブになります。必要なユニットのいずれかが開始しないと、このユニットはアクティブになりません。

Wants

Requires よりも強度の弱い依存関係を設定します。一覧に示されるユニットのいずれかが正常に開始しなくても、このユニットのアクティべーションには影響を与えません。これは、カスタムのユニット依存関係を設定する際に推奨される方法です。

Conflicts

Requires と反対の依存関係 (負の依存関係) を設定します。

[a] Unit]セクションで設定可能なオプションの完全なリストは、systemd.unit(5)のマニュアルページを参照してください。
[b] ほとんどの場合、ユニットファイルオプションの After および Before で依存関係の並び順を設定するだけで十分です。Wants (推奨) または Requires で要件の依存関係も設定する場合は、依存関係の並び順を指定する必要があります。これは、並び順と要件の依存関係が相互に依存していないためです。