Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第19章 関連情報

systemd と、Red Hat Enterprise Linux での使用方法は、以下に挙げる資料を参照してください。

19.1. インストールされているドキュメント

  • systemctl(1) - systemctl コマンドラインユーティリティーの man ページには、サポートされるオプションとコマンドの完全なリストが提供されます。
  • systemd(1) - systemd システムおよびサービスマネージャーの man ページでは、その概念に関する詳細情報が提供され、利用可能なコマンドラインオプションと環境変数、サポートされる設定ファイルとディレクトリー、認識されるシグナル、および利用可能なカーネルオプションが説明されています。
  • systemd-delta(1) - 拡張され、上書きされた設定ファイルの検索を可能にする systemd-delta ユーティリティーの man ページです。
  • systemd.directives(7) - systemd.directives という名前の man ページでは、systemd ディレクティブの詳細を確認できます。
  • systemd.unit(5) - systemd.unit の man ページでは、systemd ユニットファイルの詳細情報と、利用可能なすべての設定オプションが説明されてます。
  • systemd.service(5) - systemd.service の man ページでは、サービスユニットファイルの形式が紹介されています。
  • systemd.target(5) - systemd.target の man ページには、ターゲットユニットファイルの形式が説明されています。
  • systemd.kill(5) - systemd.kill の man ページでは、プロセスの強制終了手順の設定が説明されています。