Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.3. シンボリック値を使用した umask の設定

シンボリック値 (組み合わせ文字および記号) を指定して umask ユーティリティーを使用し、現在のシェルセッションの umask を設定できます。

以下の パーミッション を割り当てることができます。

  • 読み取り (r)
  • 書き込み (w)
  • 実行 (x)

パーミッションは、以下の レベルの所有権 に割り当てることができます。

  • ユーザー所有者 (u)
  • グループ所有者 (g)
  • その他 (o)
  • すべて (a)

パーミッションを追加または削除するには、以下の 記号 を使用できます。

  • +: 既存のパーミッションの上にパーミッションを追加します。
  • -: 既存のパーミッションからパーミッションを削除します。
  • =: 既存のパーミッションを削除し、新しいパーミッションを明示的に定義します。

    注記

    パーミッションを等号 (=) の後ろに指定していない場合には自動的に無視されます。

手順

  • 現在のシェルセッションの umask を設定するには、以下のコマンドを使用します。

    $ umask -S <level><operation><permission>

    <level> は、umask を設定する 所有権のレベル に置き換えます。<operation> は、署名 の 1 つに置き換えます。<permission> は、割り当てる パーミッション に置き換えます。たとえば、umasku=rwx,g=rwx,o=rwx に設定するには umask -S a=rwx を使用します。

    詳細は、「ユーザーファイル作成モード」を参照してください。

    注記

    umask は、現在のシェルセッション限定で有効になります。