Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.8. 新しく作成されたホームディレクトリーのデフォルト権限設定

新しく作成されたユーザーのホームディレクトリーのパーミッションモードは、/etc/login.defs ファイルを修正して変更できます。

手順

  1. root として、エディターで /etc/login.defs ファイルを開きます。
  2. 以下のセクションを変更して、HOME_MODE のデフォルトを新規設定します。

    # HOME_MODE is used by useradd(8) and newusers(8) to set the mode for new
    # home directories.
    # If HOME_MODE is not set, the value of UMASK is used to create the mode.
    HOME_MODE       0700

    デフォルトの 8 進数値 (0700) を別の 8 進数値に置き換えます。選択したモードは、ホームディレクトリーのパーミッションの作成に使用されます。

  3. HOME_MODE が設定されている場合は、変更を保存してエディターを終了します。
  4. HOME_MODE が設定されていない場合は、UMASK を変更して、新しく作成されたホームディレクトリーにモードを設定します。

    # Default initial "umask" value used by login(1) on non-PAM enabled systems.
    # Default "umask" value for pam_umask(8) on PAM enabled systems.
    # UMASK is also used by useradd(8) and newusers(8) to set the mode for new
    # home directories if HOME_MODE is not set.
    # 022 is the default value, but 027, or even 077, could be considered
    # for increased privacy. There is no One True Answer here: each sysadmin
    # must make up their mind.
    
    UMASK           022

    デフォルトの 8 進数値 (022) を別の 8 進数値に置き換えます。詳細は、ユーザーファイル作成モードマスクを参照してください。

  5. 変更を保存し、エディターを終了します。