Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.3. 鍵ベースの認証用の OpenSSH サーバーの設定

システムのセキュリティーを強化するには、OpenSSH サーバーでパスワード認証を無効にして鍵ベースの認証を有効にします。

前提条件

  • openssh-server パッケージがインストールされている。
  • サーバーで sshd デーモンが実行している。

手順

  1. テキストエディターで /etc/ssh/sshd_config 設定を開きます。以下に例を示します。

    # vi /etc/ssh/sshd_config
  2. PasswordAuthentication オプションを no に変更します。

    PasswordAuthentication no

    新しいデフォルトインストール以外のシステムで PubkeyAuthentication no が設定されていないことと、ChallengeResponseAuthentication ディレクティブが no に設定されていることを確認します。リモートで接続している場合は、コンソールもしくは帯域外アクセスを使用せず、パスワード認証を無効にする前に、鍵ベースのログインプロセスをテストします。

  3. NFS がマウントされたホームディレクトリーで鍵ベースの認証を使用するには、SELinux ブール値 use_nfs_home_dirs を有効にします。

    # setsebool -P use_nfs_home_dirs 1
  4. sshd デーモンを再読み込みし、変更を適用します。

    # systemctl reload sshd

関連情報

  • sshd(8)sshd_config(5)、および setsebool(8) の man ページ。