Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

38.4. ローカルの Logging システムロールでのログのフィルタリング

rsyslog プロパティーベースのフィルターをもとにログをフィルターするロギングソリューションをデプロイできます。

前提条件

  • Logging システムロールを設定する 管理対象ノード 1 つ以上へのアクセスおよびパーミッション。
  • Red Hat Ansible Engine が他のシステムを設定する コントロールノード へのアクセスおよびパーミッション。

    コントロールノードでは、

    • Red Hat Ansible Engine がインストールされている。
    • rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
    • 管理対象ノードが記載されているインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    ---
    - name: Deploying files input and configured files output
      hosts: all
      roles:
        - linux-system-roles.logging
      vars:
        logging_inputs:
          - name: files_input0
            type: files
            input_log_path: /var/log/containerA/*.log
          - name: files_input1
            type: files
            input_log_path: /var/log/containerB/*.log
        logging_outputs:
          - name: files_output0
            type: files
            property: msg
            property_op: contains
            property_value: error
            path: /var/log/errors.log
          - name: files_output1
            type: files
            property: msg
            property_op: "!contains"
            property_value: error
            path: /var/log/others.log
        logging_flows:
          - name: flow0
            inputs: [files_input0, files_input1]
            outputs: [files_output0, files_output1]

    この設定を使用すると、error 文字列を含むメッセージはすべて /var/log/errors.log に記録され、その他のメッセージはすべて /var/log/others.log に記録されます。

    error プロパティーの値はフィルタリングする文字列に置き換えることができます。

    設定に合わせて変数を変更できます。

  2. オプション: Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory_file /path/to/file/playbook.yml

検証

  1. /etc/rsyslog.conf ファイルの構文をテストします。

    # rsyslogd -N 1
    rsyslogd: version 8.1911.0-6.el8, config validation run (level 1), master config /etc/rsyslog.conf
    rsyslogd: End of config validation run. Bye.
  2. システムが error 文字列を含むメッセージをログに送信していることを確認します。

    1. テストメッセージを送信します。

      # logger error
    2. 以下のように /var/log/errors.log ログを表示します。

      # cat /var/log/errors.log
      Aug  5 13:48:31 hostname root[6778]: error

      hostname はクライアントシステムのホスト名に置き換えます。ログには、logger コマンドを入力したユーザーのユーザー名 (この場合は root) が含まれていることに注意してください。

関連情報

  • rhel-system-roles パッケージでインストールされたドキュメント (/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.logging/README.html)