Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.5.3. 上書きされたユニットの監視

本セクションでは、上書きされたユニットファイルまたは変更されたユニットファイルの概要を表示する方法を説明します。

手順

  1. 上書きされたユニット、または変更したユニットファイルの概要を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    systemd-delta

    上記のコマンドを実行すると、以下のような出力になります。

    [EQUIVALENT] /etc/systemd/system/default.target → /usr/lib/systemd/system/default.target
    [OVERRIDDEN] /etc/systemd/system/autofs.service → /usr/lib/systemd/system/autofs.service
    
    --- /usr/lib/systemd/system/autofs.service      2014-10-16 21:30:39.000000000 -0400
    + /etc/systemd/system/autofs.service  2014-11-21 10:00:58.513568275 -0500
    @@ -8,7 +8,8 @@
     EnvironmentFile=-/etc/sysconfig/autofs
     ExecStart=/usr/sbin/automount $OPTIONS --pid-file /run/autofs.pid
     ExecReload=/usr/bin/kill -HUP $MAINPID
    -TimeoutSec=180
    +TimeoutSec=240
    +Restart=Always
    
     [Install]
     WantedBy=multi-user.target
    
    [MASKED]     /etc/systemd/system/cups.service → /usr/lib/systemd/system/cups.service
    [EXTENDED]   /usr/lib/systemd/system/sssd.service → /etc/systemd/system/sssd.service.d/journal.conf
    
    4 overridden configuration files found.