Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

46.3.2. Tcl/Tk を使用してタスクのスクリプトを作成したユーザーのパスの移行

Tcl 8.6 では、ほとんどのスクリプトが、以前のバージョン Tcl と同じように動作します。

コードを Tcl 8.6 に移行するには、以下の手順を使用します。

手順

  • ポータブルなコードを記載する場合は、Tk 8.6 でサポートされないコマンドを使用しないようにする必要があります。

    tkIconList_Arrange
    tkIconList_AutoScan
    tkIconList_Btn1
    tkIconList_Config
    tkIconList_Create
    tkIconList_CtrlBtn1
    tkIconList_Curselection
    tkIconList_DeleteAll
    tkIconList_Double1
    tkIconList_DrawSelection
    tkIconList_FocusIn
    tkIconList_FocusOut
    tkIconList_Get
    tkIconList_Goto
    tkIconList_Index
    tkIconList_Invoke
    tkIconList_KeyPress
    tkIconList_Leave1
    tkIconList_LeftRight
    tkIconList_Motion1
    tkIconList_Reset
    tkIconList_ReturnKey
    tkIconList_See
    tkIconList_Select
    tkIconList_Selection
    tkIconList_ShiftBtn1
    tkIconList_UpDown

    サポートされていないコマンドの一覧は、/usr/share/tk8.6/unsupported.tcl ファイルで確認できます。