Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

13.2. 互換性の変更点

systemd システムおよびサービスマネージャーは、その大部分が SysV init および Upstart と互換性があるように設計されています。以下では、SysV init を使用していた Red Hat Enterprise Linux 6 システムと比較して、互換性について最も重要な変更点を挙げています。

  • systemd のランレベルのサポートは限定的なものです。ランレベルに直接マッピング可能なターゲットユニットを数多く提供し、互換性のために以前の runlevel コマンドで配布されます。ただし、systemd ターゲットのすべてがランレベルに直接マッピングできるわけではないため、このコマンドが不明なランレベルを示す N を返す場合もあります。可能な場合は、runlevel コマンドの使用を避けることが推奨されます。
    systemd ターゲットの詳細と、ランレベルとの比較は、15章systemd ターゲットでの作業 を参照してください。
  • systemctl ユーティリティーは、カスタマイズされたコマンドをサポートしません。SysV init スクリプトでは、startstopstatus といった標準のコマンドのほかに、任意のコマンドを実装して多くの機能を提供できます。たとえば、iptables の init スクリプトは、panic コマンドで実行できます。これにより、パニックモードが即座に有効になり、システムを再設定して受信パケットおよび送信パケットをすべて切断します。これは systemd ではサポートされておらず、systemctl は文書化されたコマンドのみ受け付けます。
  • systemctl ユーティリティーは、systemd が開始していないサービスとは通信しません。systemd がシステムサービスを開始すると、メインプロセスの ID を保存して、メインプロセスを追跡します。すると、systemctl ユーティリティーがこの PID を使用してクエリーを行い、サービスを管理します。このため、ユーザーがコマンドラインで特定のデーモンを直接開始すると、systemctl がそのデーモンの最新の状態を判断したり、停止したりすることができません。
  • systemd が停止するのは、実行中のサービスのみです。Red Hat Enterprise Linux 6 以前のリリースでは、シャットダウンシーケンスが開始すると、/etc/rc0.d/ ディレクトリーにあるシンボリックリンクを使用して、利用可能なシステムサービスをそのステータスに関係なくすべて停止していました。systemd では、実行中のサービスだけを、シャットダウン時に停止します。
  • システムサービスは、標準の入力ストリームからは読み取れません。systemd がサービスを開始すると、標準入力を /dev/null に接続し、ユーザーとの対話を行わないようにします。
  • システムサービスは、呼び出したユーザーやそのセッションから、(環境変数 HOMEPATH などの) コンテキストを継承しません。各サービスは、クリーンな実行コンテキストで実行します。
  • SysV init スクリプトを読み込む際に、systemd は Linux Standard Base (LSB) ヘッダーにエンコードされている依存関係情報を読み取り、ランタイム時に解釈します。
  • サービスユニット上のすべての操作は、デフォルトで 5 分でタイムアウトになるように設定されており、サービスの故障でシステムがフリーズすることを防ぎます。この値は initscript から生成されるサービス用にハードコーディングされ、変更することができません。ただし、個別の設定ファイルを使用して、サービスごとにタイムアウト値を長くすることができます。例17.2「タイムアウト制限の変更」 を参照してください。

systemd で導入された互換性の変更点に関する詳細なリストは、Red Hat Enterprise Linux 7 の 移行計画ガイド を参照してください。