Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第21章 Web コンソールでユーザーアカウントの管理

RHEL Web コンソールは、直接ターミナルにアクセスせずに、幅広い管理タスクを実行できるグラフィカルインターフェースを提供します。たとえば、システムユーザーアカウントの追加、編集、または削除が可能です。

本セクションの内容を読むと、以下を理解できます。

  • 既存のアカウントが存在する場所
  • 新規アカウントの追加方法
  • パスワードの有効期限の設定方法
  • ユーザーセッションを終了する方法および時期

前提条件

21.1. Web コンソールで管理されるシステムユーザーアカウント

RHEL Web コンソールに表示されているユーザーアカウントでは、以下が可能になります。

  • システムにアクセスする際にユーザーを認証する
  • システムへのアクセス権を設定する

RHEL Web コンソールは、システムに存在するすべてのユーザーアカウントを表示します。そのため、最初に Web コンソールにログインした直後は、ユーザーアカウントが少なくとも 1 つ表示されます。

RHEL Web コンソールにログインしたら、以下の操作を実行できます。

  • 新規ユーザーアカウントの作成
  • パラメーターの変更
  • アカウントのロック
  • ユーザーセッションの終了