Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第35章 RHEL システムロールを使用した時刻同期の管理

timesync ロールを使用して、複数のターゲットマシンで時刻同期を管理できます。システムクロックが、NTP サーバーまたは PTP ドメインのグランドマスターに同期するように、timesync ロールが、NTP 実装または PTP 実装をインストールして NTP クライアントまたは PTP スレーブとして動作するように設定します。

timesync ロールを使用すると、システムが ntp または chrony を使用して NTP プロトコルを実装するかどうかにかかわらず、RHEL 6 以降のすべてのバージョンの Red Hat Enterprise Linux で同じ Playbook を使用できるため、chrony への移行 が容易になります。

警告

timesync ロールは、管理対象ホストで指定または検出されたプロバイダーサービスの設定を置き換えます。以前の設定は、ロール変数で指定されていなくても失われます。timesync_ntp_provider 変数が定義されていない場合は、プロバイダーの唯一の設定が適用されます。

以下の例は、サーバーにプールが 1 つしかない場合に、timesync ロールを適用する方法を示しています。

例35.1 サーバーの 1 つのプールに、timesync ロールを適用する Playbook の例

---
- hosts: timesync-test
  vars:
    timesync_ntp_servers:
      - hostname: 2.rhel.pool.ntp.org
        pool: yes
        iburst: yes
  roles:
    - rhel-system-roles.timesync

timesync ロール変数の詳細は、rhel-system-roles パッケージをインストールし、/usr/share/doc/rhel-system-roles/timesync ディレクトリーの README.md または README.html ファイルを参照してください。