Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.3. システムサービスの一覧表示

現在読み込み済みのサービスユニットと、利用可能なサービスユニットのステータスをすべて一覧表示できます。

手順

  • 現在読み込み済みのサービスユニットの一覧をすべて表示するには、次のコマンドを実行します。

    $ systemctl list-units --type service
    UNIT                     LOAD   ACTIVE SUB     DESCRIPTION
    abrt-ccpp.service        loaded active exited  Install ABRT coredump hook
    abrt-oops.service        loaded active running ABRT kernel log watcher
    abrtd.service            loaded active running ABRT Automated Bug Reporting Tool
    ...
    systemd-vconsole-setup.service loaded active exited  Setup Virtual Console
    tog-pegasus.service            loaded active running OpenPegasus CIM Server
    
    LOAD   = Reflects whether the unit definition was properly loaded.
    ACTIVE = The high-level unit activation state, i.e. generalization of SUB.
    SUB    = The low-level unit activation state, values depend on unit type.
    
    46 loaded units listed. Pass --all to see loaded but inactive units, too.
    To show all installed unit files use 'systemctl list-unit-files'

    デフォルトでは、systemctl list-units コマンドは、アクティブなユニットのみを表示します。このコマンドは、サービスのユニットファイルごとに以下を表示します。

    • UNIT: フルネーム
    • LOAD: ユニットファイルが読み込まれているかどうかに関する情報
    • ACTIVE\ SUB: 高レベルかつ低レベルのユニットファイルアクティベーションの状態
    • DESCRIPTION: 簡単な説明
  • 状態に関係なく読み込み済みユニット の一覧を表示するには、コマンドラインオプション --all または -a を指定して以下のコマンドを実行します。

    $ systemctl list-units --type service --all
  • 利用可能なサービスユニットのステータス (enabled/ disabled) を一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

    $ systemctl list-unit-files --type service
    UNIT FILE                               STATE
    abrt-ccpp.service                       enabled
    abrt-oops.service                       enabled
    abrtd.service                           enabled
    ...
    wpa_supplicant.service                  disabled
    ypbind.service                          disabled
    
    208 unit files listed.

    このコマンドでは、サービスユニットごとに以下を表示します。

    • UNIT FILE: フルネーム
    • STATE: サービスユニットが有効または無効であるかどうかに関する情報