第7章 言語パックのインストールおよび使用

7.1. 言語パッケージの概要

Langpacks は、システムにインストールされているすべてのパッケージに対する翻訳、ディクショナリー、およびロケールを含む追加のアドオンパッケージをインストールするメタパッケージです。

Red Hat Enterprise Linux 8 システムでは、langpacks インストールは langpacks-<langcode> 言語メタパッケージおよび RPM の弱い依存関係 (補完タグ) に基づいています。

選択した言語に langpacks を使用する条件が 2 つあります。

  1. 選択した言語の langpacks-<langcode> 言語メタパッケージがインストールされている。

    Red Hat Enterprise Linux 8 では、言語パックのメタパッケージは、Application Stream リポジトリーで利用できるため、Anaconda インストーラーを使用して、オペレーティングシステムの初期インストールで自動的にインストールされます。

    どの言語が言語パックを提供するかを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    ~]# yum list langpacks-*
  2. ローカルパッケージを検索するベースパッケージは、システムにすでにインストールされています。

この前提条件が満たされている場合は、言語のメタパッケージが選択した言語の言語パックをトランザクションセットに自動的に取得します。

7.2. RPM の弱い依存関係ベースの言語パックでの作業

7.2.1. RPM の弱い依存関係ベースの言語パックのクエリー

インストールされている言語サポートの一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

~]# yum list installed langpacks*

別の言語に言語サポートが利用できるかどうかを確認するには、以下のコマンドを実行します。

~]# yum list available langpacks*

任意の言語にインストールしたパッケージの一覧を取得するには、以下のコマンドを実行します。

~]# yum repoquery --whatsupplements langpacks-<locale_code>

7.2.2. 言語サポートのインストール

新しい言語サポートを追加するには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# yum install langpacks-<locale_code>

7.2.3. 言語サポートの削除

インストールされている言語サポートを削除するには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# yum remove langpacks-<locale_code>

7.3. glibc-langpack-<locale_code> を使用したディスク領域の節約

現在、すべてのロケールは /usr/lib/locale/locale-archive ファイルに格納されますが、多くのディスク領域が必要になります。

コンテナーやクラウドなど、ディスク容量が重要なシステム、または少数のロケールが必要なシステムでは、glibc ロケール言語パックパッケージ (glibc-langpack-<locale_code>) を使用できます。「言語サポートのインストール」 で説明されている内容ではなく、以下のコマンドを使用すると個別のロケールをインストールできるため、パッケージインストールフットプリントはより小さくなります。

~]# yum install glibc-langpack-<locale_code>

Anaconda でオペレーティングシステムをインストールする場合は、インストール時に使用する言語と、追加言語として選択した言語の glibc-langpack-<locale_code> がインストールされます。すべてのロケールが含まれている glibc-all-langpacks はデフォルトでインストールされており、一部のロケールだけをインストールすることは非推奨であることに注意してください。1 つ以上の選択した言語の glibc-langpack-<locale_code> をインストールする場合は、インストール後に glibc-all-langpacks を削除して、ディスク領域を空けることができます。

glibc-all-langpacks の代わりに、選択した glibc-langpack-<locale_code> パッケージだけをインストールすると、ランタイムパフォーマンスに影響を及ぼします。

注記

ディスク領域が問題でない場合は、glibc-all-langpacks パッケージを使用してすべてのロケールをインストールします。