Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.6. システムの休止状態

以下の手順に従うと、システムを休止状態にするか、休止状態にして一時停止することができます。

前提条件

  • root ユーザーに切り替える。

手順

  • システムを休止状態にするには、以下のコマンドを実行します。

    systemctl hibernate

    このコマンドは、システムの状態をハードディスクドライブに保存し、マシンの電源を切ります。マシンの電源を戻すと、システムは再起動せずに、保存されたデータからその状態を復元します。

    システムの状態がメモリーではなくハードディスクに保存されるため、マシンでメモリーモジュールへの電源供給を維持する必要はありません。ただし、システムは、一時停止モードより、休止状態から復元する方がはるかに遅くなります。

    システムを休止状態にして一時呈すするには、以下のコマンドを実行します。

    systemctl hybrid-sleep