第1章 システム管理の使用

以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux をインストールした直後にシステム管理者が行う必要があるかもしれない基本的なタスクの概要を説明します。

注記

このようなタスクには、システムの登録など、必須ではありませんが、通常はインストールプロセス中に実行済みとなる項目が含まれている場合があります。以下のセクションではこのようなタスクを扱い、インストール中の手順の概要と、関連ドキュメントへのリンクを紹介します。

Red Hat Enterprise Linux のインストールの詳細は『標準的な RHEL インストールの実行』を参照してください。

注記

本章では、実行するコマンドを紹介します。root 権限が必要なコマンドには # がついており、一般ユーザーが実行できるコマンドには $ がついています。

インストール後のタスクはすべてコマンドラインから実行できますが、一部のコマンドは RHEL 8 Web コンソールから実行することもできます。

1.1. RHEL 8 Web コンソールと使用可能なタスク

RHEL 8 Web コンソールは、対話型サーバー管理インターフェースです。このコンソールは、ブラウザーの実際の Linux セッションからオペレーティングシステムと直接対話します。

Web コンソールは、以下のタスクを実行できます。

  • システムの基本機能 (ハードウェア情報、時間設定、パフォーマンスプロファイル、レルムドメインへの接続など) の監視
  • システムログファイルのチェック
  • ネットワークインターフェースの管理およびファイアウォールの構成
  • Docker イメージの操作
  • 仮想マシンの管理
  • ユーザーアカウントの管理
  • システムサービスの監視および構成
  • 診断レポートの作成
  • カーネルダンプ構成の設定
  • パッケージの管理
  • SELinux の構成
  • ソフトウェアの更新
  • システムサブスクリプションの管理
  • 端末へのアクセス

RHEL 8 Web コンソールのインストールおよび使用の詳細は『RHEL 8 web コンソールを使用したシステムの管理』を参照してください。