Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第1章 RHEL システムロールの使用

本セクションでは、RHEL システムロールの概要を説明します。また、Ansible Playbook を使用して特定のロールを適用し、さまざまなシステム管理タスクを実行する方法を説明します。

1.1. RHEL システムロールの概要

RHEL システムロールは、Ansible ロールおよびモジュールのコレクションです。RHEL システムロールは、複数の RHEL システムをリモートで管理するための設定インターフェースを提供します。このインターフェースは、RHEL の複数のバージョンにわたるシステム設定の管理と、新しいメジャーリリースの導入を可能にします。

Red Hat Enterprise Linux 8 のインターフェースは、現在、以下のロールから構成されます。

  • kdump
  • network
  • selinux
  • storage
  • certificate
  • kernel_settings
  • logging
  • metrics
  • nbde_client and nbde_server
  • timesync
  • tlog

これらのロールはすべて、AppStream リポジトリーで利用可能な rhel-system-roles パッケージで提供されます。



[1] 本書は rhel-system-roles パッケージで自動的にインストールされます。