Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.10.3.3. yum プラグインの無効化

  • yum プラグインをすべて無効にするには、以下を実行します。

    1. plugins= で始まる行が /etc/yum.conf ファイルの [main] セクションにあることを確認します。
    2. plugins= の値を 0 に設定します。

      plugins=0
      重要

      プラグインをすべて無効にすることは推奨 していません。プラグインによっては、重要な yum サービスを提供します。その中でも product-id プラグインおよび subscription-manager プラグインは、証明書ベースの Content Delivery Network (CDN) への対応に必要です。システム全体でプラグインを簡単に無効にできますが、通常は yum での潜在的な問題を診断する時に限り使用することを推奨します。

  • 特定のコマンドで yum プラグインをすべて無効にするには、--noplugins オプションをコマンドに追加します。

    # yum --noplugins update
  • 1 つのコマンドで特定の yum プラグインを無効にするには、--disableplugin=plugin-name オプションをコマンドに追加します。

    # yum update --disableplugin=plugin-name

    plugin-name をプラグインの名前に置き換えます。