Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

22.4. グループディレクトリーの作成

UPG システム設定では、グループ ID 権限の設定 (setgid) をディレクトリーに適用できます。setgid を使用して、ディレクトリーを共有するグループプロジェクトの管理が簡単になります。setgid をディレクトリーに適用すると、ディレクトリー内に作成されたファイルは、そのディレクトリーを所有するグループに自動的に割り当てられます。このグループ内の書き込みおよび実行権限があるユーザーは、対象のディレクトリーにファイルを作成、変更、および削除できるようになりました。

次のセクションでは、グループディレクトリーを作成する方法を説明します。

前提条件

  • root アクセス

手順

  1. ディレクトリーを作成します。

    # mkdir directory-name

    directory-name は、ディレクトリー名に置き換えます。

  2. グループを作成します。

    # groupadd group-name

    group-name は、グループ名に置き換えます。

  3. ユーザーをグループに追加します。

    # usermod --append -G group-name username

    group-name はグループ名に、[role="abstract"]e _username はユーザー名に置き換えます。

  4. ディレクトリーのユーザーとグループの所有権は、group-name グループに関連付けます。

    # chown :group-name directory-name

    group-name はグループ名に、directory-name はディレクトリー名に置き換えます。

  5. ファイルおよびディレクトリーを作成および修正し、setgid を設定してこの権限を directory-name ディレクトリー内で適用できるようにします。

    # chmod g+rwxs directory-name

    directory-name は、ディレクトリー名に置き換えます。

    group-name グループのすべてのメンバーが、directory-name ディレクトリーにファイルを作成し、編集できるようになりました。新規に作成されたファイルは、group-name グループの所有権を保持します。

検証手順

  • パーミッション設定の正確性を検証するには、以下を使用します。

    # ls -ld directory-name

    directory-name は、ディレクトリー名に置き換えます。

    返される出力は以下のとおりです。

    drwxrwsr-x. 2 root group-name 6 Nov 25 08:45 directory-name