Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

35.8. rsyslog の負荷分散ヘルパー

RebindInterval 設定では、現行接続を切断して再確立する間隔を指定します。この設定は、TCP、UDP、および RELP のトラフィックに適用されます。ロードバランサーはこれを新しい接続と認識し、メッセージを別の物理ターゲットシステムに転送します。

RebindInterval 設定は、ターゲットシステムの IP アドレスが変更した場合にシナリオで役に立ちます。Rsyslog アプリケーションは、接続の確立時に IP アドレスをキャッシュするため、メッセージは同じサーバーに送信されます。IP アドレスが変更すると、Rsyslog サービスが再起動するまで UDP パケットが失われます。接続を再確立すると、IP が DNS により再度解決されます。

action(type=”omfwd” protocol=”tcp” RebindInterval=”250” target=”example.com” port=”514” …)

action(type=”omfwd” protocol=”udp” RebindInterval=”250” target=”example.com” port=”514” …)

action(type=”omrelp” RebindInterval=”250” target=”example.com” port=”6514” …)