Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

32.2. chrony の同期確認

以下の手順では、tracking コマンド、sources コマンド、および sourcestats コマンドを使用して、chrony が同期されているかどうかを確認する方法を説明します。

手順

  1. chrony の追跡を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    chronyc tracking
    Reference ID    : CB00710F (foo.example.net)
    Stratum         : 3
    Ref time (UTC)  : Fri Jan 27 09:49:17 2017
    System time     :  0.000006523 seconds slow of NTP time
    Last offset     : -0.000006747 seconds
    RMS offset      : 0.000035822 seconds
    Frequency       : 3.225 ppm slow
    Residual freq   : 0.000 ppm
    Skew            : 0.129 ppm
    Root delay      : 0.013639022 seconds
    Root dispersion : 0.001100737 seconds
    Update interval : 64.2 seconds
    Leap status     : Normal
  2. sources コマンドは、chronyd がアクセスしている現在の時間ソースの情報を表示します。chrony ソースを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ chronyc sources
    	210 Number of sources = 3
    MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
    ===============================================================================
    #* GPS0                          0   4   377    11   -479ns[ -621ns] /-  134ns
    ^? a.b.c                         2   6   377    23   -923us[ -924us] +/-   43ms
    ^ d.e.f                         1   6   377    21  -2629us[-2619us] +/-   86ms

    任意の引数 -v (verbose (詳細) の意) を指定できます。この例では、余分なキャプション行は、コラムの意味を説明するものとして表示されます。

  3. sourcestats コマンドは、chronyd が現在調べている各ソースに関するドリフト量とオフセット推定プロセスの情報を表示します。chrony ソースの統計情報を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    chronyc sourcestats
    210 Number of sources = 1
    Name/IP Address            NP  NR  Span  Frequency  Freq Skew  Offset  Std Dev
    ===============================================================================
    abc.def.ghi                11   5   46m     -0.001      0.045      1us    25us

    任意の引数 -v (verbose (詳細) の意) を指定できます。この例では、余分なキャプション行は、コラムの意味を説明するものとして表示されます。

関連情報

  • chronyc(1) の man ページ