Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第5章 システム起動時に systemd サービスの開始

systemd は、Linux オペレーティングシステム用のシステムおよびサービスのマネージャーで、systemd ユニットの概念が使用されています。

本セクションでは、システムの起動時にサービスを有効または無効にする方法を説明します。また、Web コンソールを使用してサービスを管理する方法も説明します。

5.1. サービスの有効化または無効化

インストールプロセスの際、システムの起動時にすでに有効化または無効化されているサービスを確認できます。インストール後に、オペレーティングシステムのサービスを有効または無効にできます。

本セクションでは、インストール済みのオペレーティングシステムでこれらのサービスを有効または無効にする手順を説明します。

前提条件

  • システムへの root アクセス権限がある。

手順

  1. サービスを有効にするには、enable オプションを使用します。

    # systemctl enable service_name

    service_name は、有効にするサービスに置き換えます。

    1 つのコマンドでサービスを有効にして起動することもできます。

    # systemctl enable --now service_name
  2. サービスを無効にするには、disable オプションを使用します。

    # systemctl disable service_name

    service_name は、無効にするサービスに置き換えます。

警告

以前マスクされたサービスを有効化できません。最初にマスクを解除する必要があります。

# systemctl unmask service_name