Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第43章 Python スクリプトでインタープリターディレクティブの処理

Red Hat Enterprise Linux 8 では、実行可能な Python スクリプトは、少なくとも主要な Python バージョンを明示的に指定するインタープリターディレクティブ (別名 hashbangs または shebangs) を使用することが想定されます。以下に例を示します。

#!/usr/bin/python3
#!/usr/bin/python3.6
#!/usr/bin/python2

/usr/lib/rpm/redhat/brp-mangle-shebangs BRP (buildroot policy) スクリプト は、RPM パッケージを構築する際に自動的に実行し、実行可能なすべてのファイルでインタープリターディレクティブを修正しようとします。

BRP スクリプトは、以下のようにあいまいなインタープリターディレクティブを含む Python スクリプトが発生すると、エラーを作成します。

#!/usr/bin/python

または

#!/usr/bin/env python

43.1. Python スクリプトでインタープリターディレクティブの変更

RPM ビルド時にビルドエラーが発生する Python スクリプト内のインタープリターディレクティブを変更します。

前提条件

  • Python スクリプトのインタープリターディレクティブの一部でビルドエラーが発生します。

手順

インタープリターディレクティブを変更するには、以下のタスクのいずれかを実行します。

  • platform-python-devel パッケージから pathfix.py スクリプトを適用します。

    # pathfix.py -pn -i %{__python3} PATH …​

    複数の PATH を指定できます。PATH がディレクトリーの場合、pathfix.py はあいまいなインタープリターディレクティブを持つスクリプトだけでなく、^[a-zA-Z0-9_]+\.py$ のパターンに一致する Python スクリプトを再帰的にスキャンします。このコマンドを %prep セクション、または %install セクションに追加します。

  • パッケージ化した Python スクリプトを、想定される形式に準拠するように変更します。この目的のために、pathfix.py は、RPM ビルドプロセス以外でも使用できます。pathfix.py を RPM ビルド以外で実行する場合は、上記の例の %{__python3} を、/usr/bin/python3 などのインタープリターディレクティブのパスに置き換えます。

パッケージ化された Python スクリプトに Python 3.6 以外のバージョンが必要な場合は、上記のコマンドを調整して必要なバージョンを含めます。