Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 ユーザーアカウントの管理

Red Hat Enterprise Linux は、マルチユーザー向けのオペレーティングシステムです。つまり、1 台のマシンにインストールされた 1 つのシステムに、複数のユーザーが別々のコンピューターからアクセスできます。各ユーザーは自身のアカウントで操作します。このような方法でユーザーアカウントを管理することは、Red Hat Enterprise Linux のシステム管理の中心的要素になります。

以下に各種ユーザーアカウントを紹介します。

  • 通常のユーザーアカウント

    通常のアカウントは特定システムのユーザー用に作成されます。このようなアカウントは、通常のシステム管理中に追加、削除、および修正できます。

  • システムユーザーアカウント:

    システムユーザーアカウントは、システムで特定のアプリケーション識別子を表します。このようなアカウントは通常、ソフトウェアのインストール時にのみ追加または操作され、後で変更することはありません。

    警告

    システムアカウントは、システムでローカルに利用できると想定されています。アカウントがリモートで設定され、提供されている (LDAP の設定など) と、システムが破損したり、サービスが開始できない場合があります。

    システムアカウント用に、1000 番未満のユーザー ID が予約されています。通常のアカウントには、1000 から始まる ID を使用できます。ただし、5000 以降の ID を割り当てることが推奨されます。ID の割り当ては、/etc/login.defs ファイルを参照してください。

  • グループ:

    グループとは、複数のユーザーアカウントを共通目的 (特定のファイルにアクセス権を与えるなど) で統合するエンティティーです。

7.1. コマンドラインツールを使用したアカウントとグループの管理

本セクションでは、ユーザーアカウントとグループを管理する基本的なコマンドラインツールを説明します。

  • ユーザーおよびグループ ID を表示します。

    $ id
    uid=1000(example.user) gid=1000(example.user) groups=1000(example.user),10(wheel) context=unconfined_u:unconfined_r:unconfined_t:s0-s0:c0.c1023
  • 新規ユーザーアカウントを作成します。

    # useradd example.user
  • example.user に属するユーザーアカウントに新しいパスワードを割り当てます。

    # passwd example.user
  • ユーザーをグループに追加します。

    # usermod -a -G example.group example.user

関連情報

  • man useradd(8)man passwd(1)、および man usermod(8)