Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.3. ローカルの Logging システムロールの適用

Ansible Playbook を準備して適用し、別のマシンにロギングソリューションを設定します。各マシンはログをローカルに記録します。

前提条件

  • Logging システムロールを設定する 管理対象ノード 1 つ以上へのアクセスおよびパーミッション。
  • コントロールノード (このシステムから Red Hat Ansible Core は他のシステムを設定) へのアクセスおよびパーミッション。

    コントロールノードでは、

    • ansible-core パッケージおよび rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
重要

RHEL 8.0-8.5 では、別の Ansible リポジトリーへのアクセス権を指定されており、Ansible をベースにする自動化用の Ansible Engine 2.9 が含まれています。Ansible Engine には、ansibleansible-playbook などのコマンドラインユーティリティー、dockerpodman などのコネクター、プラグインとモジュールが多く含まれています。Ansible Engine を入手してインストールする方法については、ナレッジベースの How to download and install Red Hat Ansible Engine を参照してください。

RHEL 8.6 および 9.0 では、Ansible Core (ansible-core パッケージとして提供) が導入されました。これには、Ansible コマンドラインユーティリティー、コマンド、およびビルトイン Ansible プラグインのセットが含まれています。RHEL は、AppStream リポジトリーを介してこのパッケージを提供し、サポート範囲は限定的です。詳細については、ナレッジベースの Scope of support for the Ansible Core package included in the RHEL 9 and RHEL 8.6 and later AppStream repositories を参照してください。

  • 管理対象ノードが記載されているインベントリーファイルがある。
注記

デプロイメント時にシステムロールが rsyslog をインストールするため、rsyslog パッケージをインストールする必要はありません。

手順

  1. 必要なロールを定義する Playbook を作成します。

    1. 新しい YAML ファイルを作成し、これをテキストエディターで開きます。以下に例を示します。

      # vi logging-playbook.yml
    2. 以下の内容を挿入します。

      ---
      - name: Deploying basics input and implicit files output
        hosts: all
        roles:
          - rhel-system-roles.logging
        vars:
          logging_inputs:
            - name: system_input
              type: basics
          logging_outputs:
            - name: files_output
              type: files
          logging_flows:
            - name: flow1
              inputs: [system_input]
              outputs: [files_output]
  2. 特定のインベントリーで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory-file /path/to/file/logging-playbook.yml

    詳細は以下のようになります。

    • inventory-file はインベントリーファイルに置き換えます。
    • logging-playbook.yml は、使用する Playbook に置き換えます。

検証

  1. /etc/rsyslog.conf ファイルの構文をテストします。

    # rsyslogd -N 1
    rsyslogd: version 8.1911.0-6.el8, config validation run...
    rsyslogd: End of config validation run. Bye.
  2. システムがログにメッセージを送信していることを確認します。

    1. テストメッセージを送信します。

      # logger test
    2. /var/log/messages ログ を表示します。以下に例を示します。

      # cat /var/log/messages
      Aug  5 13:48:31 hostname root[6778]: test

      `hostname` はクライアントシステムのホスト名です。ログには、logger コマンドを入力したユーザーのユーザー名 (この場合は root) が含まれていることに注意してください。