第7章 SSSD を使用したホストのユーザーアクセスに関するレポート

SSSD (Security System Services Daemon) は、どのユーザーがクライアントにアクセスできるか、できないかを追跡します。本章では、sssctl ツールを使用してアクセス制御レポートを作成し、ユーザーデータを表示する方法を説明します。

前提条件

  • SSSD パッケージがネットワーク環境にインストールされている。

7.1. sssctl コマンド

sssctl は、SSSD (Security System Services Daemon) のステータスに関する情報を取得できるように一貫した方法を提供するコマンドラインツールです。

sssctl ユーティリティーを使用して、以下の情報を収集できます。

  • ドメインの状態
  • クライアントユーザー認証
  • 特定のドメインのクライアントへのユーザーアクセス
  • キャッシュされたコンテンツに関する情報

sssctl ツールを使用すると、以下が可能になります。

  • SSSD キャッシュの管理
  • ログの管理
  • 設定ファイルの確認
注記

sssctl ツールは、sss_cache ツールおよび sss_debuglevel ツールに代わるものです。

関連情報

  • sssctl --help