5.4. DNS サービスディスカバリーの設定

DNS サービス検出を使用すると、アプリケーションが特定タイプの特定サービスに対して指定のドメインの SRV レコードを確認し、必要なタイプのサーバーを返すことができます。ID または認証サーバーが /etc/sssd/sssd.conf ファイルで明示的に定義されていない場合は、SSSD は DNS サービス検出を使用してサーバーを動的に検出できます。

たとえば、sssd.confid_provider = ldap 設定が含まれているものの、ldap_uri オプションでホスト名または IP アドレスが指定されていない場合に、SSSD は DNS サービス検出を使用してサーバーを動的に検出します。

注記

SSSD が検出するのは、プライマリーサーバーのみで、バックアップサーバーを動的には検出できません。

前提条件

  • root アクセス

手順

  1. /etc/sssd/sssd.conf ファイルを開きます。
  2. プライマリーサーバーの値を _srv_ に設定します。

    LDAP プロバイダーの場合、プライマリーサーバーは ldap_uri オプションを使用して設定されます。

    [domain/your-domain-name]
    id_provider = ldap
    ldap_uri = _srv_
  3. パスワード変更プロバイダーでサービス検出を有効にするには、サービスタイプを設定します。

    [domain/your-domain-name]
    id_provider = ldap
    ldap_uri = _srv_
    
    chpass_provider = ldap
    ldap_chpass_dns_service_name = ldap
  4. 必要に応じて、サービス検出は、システムホスト名のドメイン部分をドメイン名として使用します。別の DNS ドメインを使用するには、dns_discovery_domain オプションを使用してドメイン名を指定します。
  5. オプション: デフォルトでは、サービス検出は LDAP サービスタイプをスキャンします。別のサービスタイプを使用するには、ldap_dns_service_name オプションを使用してタイプを指定します。
  6. オプション: デフォルトでは、SSSD は IPv4 アドレスの検索を試行します。試行に失敗すると、SSSD は IPv6 アドレスの検索を試行します。この動作をカスタマイズするには、lookup_family_order オプションを使用します。
  7. サービス検出を使用するすべてのサービスについて、DNS レコードを DNS サーバーに追加します。

    _service._protocol._domain TTL priority weight port host_name

関連情報