第11章 ローカル SSSD 設定の誤字の排除

sssctl config-check コマンドを使用して、ホストの /etc/sssd/sssd.conf ファイルに誤字のエラーがあるかどうかをテストできます。

前提条件

  • root でログインしている。
  • sssd-tools パッケージがインストールされている。

手順

  1. sssctl config-check コマンドを実行します。

    # sssctl config-check
    
    Issues identified by validators: 1
    [rule/allowed_domain_options]: Attribute 'ldap_search' is not allowed in section 'domain/example1'. Check for typos.
    
    Messages generated during configuration merging: 0
    
    Used configuration snippet files: 0
  2. /etc/sssd/sssd.conf ファイルを開き、タイプミスを修正します。前の例でエラーメッセージが発生した場合は、ldap_searchldap_search_base に置き換えます。

    [...]
    [domain/example1]
    ldap_search_base = dc=example,dc=com
    [...]
  3. ファイルを保存します。
  4. SSSD を再起動します。

    # systemctl restart sssd

検証手順

  • sssctl config-check コマンドを実行します。

    # sssctl config-check
    
    Issues identified by validators: 0
    
    Messages generated during configuration merging: 0
    
    Used configuration snippet files: 0

/etc/sssd/sssd.conf ファイルで、誤字がなくなりました。