Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.5. 仮想化のブール値

RHEL 8 システムにおける仮想マシンのセキュリティーの詳細な設定には、ハイパーバイザーが特定の方法で機能するように、ホストで SELinux のブール値を設定できます。

仮想化関連のブール値とそのステータスの一覧を表示するには、getsebool -a | grep virt コマンドを実行します。

$ getsebool -a | grep virt
[...]
virt_sandbox_use_netlink --> off
virt_sandbox_use_sys_admin --> off
virt_transition_userdomain --> off
virt_use_comm --> off
virt_use_execmem --> off
virt_use_fusefs --> off
[...]

特定のブール値を有効にするには、root で setsebool -P boolean_name on コマンドを実行します。ブール値を無効にするには、setsebool -P boolean_name off を使用します。

以下の表は、RHEL 8 で利用可能な仮想化関連のブール値と、その値が有効な場合の動作を示しています。

表15.1 SELinux 仮想化ブール値

SELinux のブール値説明

staff_use_svirt

非 root ユーザーが仮想マシンを作成して、sVirt に移行できるようになります。

unprivuser_use_svirt

非特権ユーザーが仮想マシンを作成して、sVirt に移行できるようになります。

virt_sandbox_use_audit

サンドボックスコンテナーが監査メッセージを送信できるようになります。

virt_sandbox_use_netlink

サンドボックスコンテナーでネットリンクシステム呼び出しが使用できるようになります。

virt_sandbox_use_sys_admin

サンドボックスコンテナーで sys_admin システム呼び出し (mount 等) が使用できるようになります。

virt_transition_userdomain

仮想プロセスをユーザードメインとして実行できるようになります。

virt_use_comm

virt でシリアルおよびパラレルの通信ポートが使用できるようになります。

virt_use_execmem

制限された仮想ゲストが実行可能メモリーおよび実行可能スタックを使用できるようになります。

virt_use_fusefs

FUSE がマウントしたファイルを virt が読み取りできるようになります。

virt_use_nfs

NFS がマウントしたファイルを virt が管理できるようになります。

virt_use_rawip

virt で rawip ソケットとの通信ができるようになります。

virt_use_samba

CIFS がマウントしたファイルを virt が管理できるようになります。

virt_use_sanlock

制限された仮想ゲストが sanlock と相互作用できるようになります。

virt_use_usb

virt で USB デバイスが使用できるようになります。

virt_use_xserver

仮想マシンで X Window System と相互作用できるようになります。