Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

6.2.2. Web コンソールでストレージプール情報の表示

次の手順では、Web コンソールセッションがアクセスできる仮想マシンのストレージプールの詳細なストレージプール情報を表示する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. 仮想マシン インターフェースで ストレージプール をクリックします。ストレージプール画面が表示され、設定されているストレージプールの一覧が示されます。

    web console storage pools window

    この情報には以下が含まれます。

    • 名前 - ストレージプールの名前
    • サイズ - ストレージプールのサイズ
    • 接続 - ストレージプールのアクセスに使用される接続
    • 状態 - ストレージプールのステータス
  2. 情報を表示するストレージの行をクリックします。

    行が展開して、選択したストレージプールに関する次の情報を含む概要ペインが表示されます。

    • パス - ストレージプールのパス
    • 永続的 - ストレージプールが永続的かどうか
    • 自動起動 - ストレージプールが自動的に起動するかどうか
    • 種類 - ストレージプールの種類。
    web console storage pool overview
  3. ストレージプールから作成したストレージボリュームの一覧を表示する場合は、ストレージボリューム をクリックします。

    ストレージボリュームペインが表示され、設定されているストレージボリュームと、そのサイズ、使用量の一覧が示されます。

    web console storage pool storage volumes

関連情報