Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.4. 仮想マシンからのデバイスの削除

以下は、コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して仮想マシンから仮想デバイスを削除する一般的な情報です。ディスクや NIC などの一部のデバイスは、RHEL 8 Web コンソールを使用して 仮想マシンから削除することもできます。

前提条件

  • (必要に応じて) virsh dumpxml vm-name を使用してファイルに出力を送って、仮想マシンの XML 構成のバックアップを作成します。たとえば、以下は、Motoko 仮想マシンの設定のバックアップファイル motoko.xml を作成します。
# virsh dumpxml Motoko > motoko.xml
# cat motoko.xml
<domain type='kvm' xmlns:qemu='http://libvirt.org/schemas/domain/qemu/1.0'>
  <name>Motoko</name>
  <uuid>ede29304-fe0c-4ca4-abcd-d246481acd18</uuid>
  [...]
</domain>

手順

  1. デバイスの定義を付けて、virt-xml --remove-device コマンドを使用します。以下に例を示します。

    • 以下は、シャットダウン後に、稼働中の仮想マシン testguest から vdb としてマークされているストレージデバイスを削除します。

      # virt-xml testguest --remove-device --disk target=vdb
      Domain 'testguest' defined successfully.
      Changes will take effect after the domain is fully powered off.
    • 次は、稼働中の稼働マシン testguest2 からすぐに USB フラッシュドライブデバイスを削除します。

      # virt-xml testguest2 --remove-device --update --hostdev type=usb
      Device hotunplug successful.
      Domain 'testguest2' defined successfully.

トラブルシューティング

  • デバイスを取り外すと仮想マシンが起動できなくなる場合は、virsh define ユーティリティーを使用して、バックアップとして作成しておいた XML 設定ファイルを再読み込みして XML 設定を復元します。

    # virsh define testguest.xml

関連情報

  • virt-xml コマンドの使用方法は、man virt-xml コマンドで確認します。