Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3.3. 仮想マシンからのデバイスの削除

仮想デバイスを削除することで、仮想マシンの機能を変更できます。たとえば、仮想マシンから仮想ディスクデバイスが不要になった場合は、削除できます。

次の手順は、コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、仮想マシンから仮想デバイスを削除する方法を示しています。RHEL 8 Web コンソールを使用して、ディスクや NIC などの一部のデバイスも仮想マシンから削除できます。

前提条件

  • (必要に応じて) virsh dumpxml vm-name を使用してファイルに出力を送って、仮想マシンの XML 設定のバックアップを作成します。たとえば、以下は、Motoko 仮想マシンの設定のバックアップファイル motoko.xml を作成します。
# virsh dumpxml Motoko > motoko.xml
# cat motoko.xml
<domain type='kvm' xmlns:qemu='http://libvirt.org/schemas/domain/qemu/1.0'>
  <name>Motoko</name>
  <uuid>ede29304-fe0c-4ca4-abcd-d246481acd18</uuid>
  [...]
</domain>

手順

  1. デバイスの定義を付けて、virt-xml --remove-device コマンドを使用します。以下に例を示します。

    • 以下は、シャットダウン後に、稼働中の仮想マシン testguest から vdb としてマークされているストレージデバイスを削除します。

      # virt-xml testguest --remove-device --disk target=vdb
      Domain 'testguest' defined successfully.
      Changes will take effect after the domain is fully powered off.
    • 次は、稼働中の稼働マシン testguest2 からすぐに USB フラッシュドライブデバイスを削除します。

      # virt-xml testguest2 --remove-device --update --hostdev type=usb
      Device hotunplug successful.
      Domain 'testguest2' defined successfully.

トラブルシューティング

  • デバイスを取り外すと仮想マシンが起動できなくなる場合は、virsh define ユーティリティーを使用して、バックアップとして作成しておいた XML 設定ファイルを再読み込みして XML 設定を復元します。

    # virsh define testguest.xml

関連情報

  • man virt-xml コマンド