Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.2. Windows ゲストでの QEMU ゲストエージェントの有効化

RHEL ホストが Windows 仮想マシン上で 特定の操作のサブセット を実行できるようにするには、QEMU ゲストエージェント (GA) を有効にする必要があります。これを行うには、QEMU ゲストエージェントインストーラーを含むストレージデバイスを、既存の仮想マシンに追加するか、新しい仮想マシンを作成するときに追加し、Windows ゲストオペレーティングシステムにドライバーをインストールします。

グラフィカルインターフェイスを使用してゲストエージェント (GA) をインストールするには、以下の手順を参照してください。コマンドラインインターフェイスで GA をインストールするには、Microsoft Windows Installer (MSI) を使用してください。

前提条件

手順

  1. Windows ゲストオペレーティングシステムで、File Explorer アプリケーションを開きます。
  2. この PC をクリックします。
  3. デバイスおよびドライブ ペインで、virtio-win メディアを開きます。
  4. guest-agent フォルダーを開きます。
  5. 仮想マシンにインストールされているオペレーティングシステムに基づいて、次のいずれかのインストーラーを実行します。

    • 32 ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、qemu-ga-i386.msi インストーラーを実行します。
    • 64 ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、qemu-ga-x86_64.msi インストーラーを実行します。
  6. オプション: ホストと Windows ゲスト間の通信インターフェイスとして準仮想化シリアルドライバー (virtio-serial) を使用する場合は、virtio-serial ドライバーが Windows ゲストにインストールされていることを確認します。virtio ドライバーのインストールの詳細は、Windows ゲストへの virtio ドライバーのインストール を参照してください。

検証

  1. Windows 仮想マシンで、Services ウィンドウに移動します。

    Computer Management > Services

  2. QEMU Guest Agent のステータスが Running であることを確認します。