Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.2.2.8.3. vHBA デバイスを使用した SCSI ベースのストレージプールのパラメーター

以下では、仮想ホストアダプターバス (vHBA) デバイスを使用する SCSi ベースのストレージプールに必要なパラメーターの情報を紹介します。

指定のファイルで XML 設定に基づいてストレージプールを定義できます。以下に例を示します。

# virsh pool-define ~/guest_images.xml
  Pool defined from guest_images_vhba

パラメーター

以下の表は、vHBA を使用する iSCSI ベースのストレージプールの XML ファイルに必要なパラメーターの一覧です。

表11.8 vHBA デバイスを使用した SCSI ベースのストレージプールのパラメーター

説明XML

ストレージプールの種類

<pool type='scsi'>

ストレージプールの名前

<name>name</name>

vHBA の識別子。parent 属性はオプションです。

<source>
   <adapter type='fc_host'
   [parent=parent_scsi_device]
   wwnn='WWNN'
   wwpn='WWPN' />
</source>

ターゲットパス。ストレージプールに使用されるパスになります。

<target>
   <path=target_path />
</target>

重要

<path> フィールドが /dev/ の場合、libvirt は、ボリュームデバイスパスで一意の短いデバイスパスを生成します。たとえば、/dev/sdc です。それ以外の場合は、物理ホストパスが使用されます。たとえば、/dev/disk/by-path/pci-0000:10:00.0-fc-0x5006016044602198-lun-0 などです。一意の短いデバイスパスを使用すると、複数のストレージプールで、同じボリュームを複数の仮想マシン (VM) に一覧表示できます。物理ホストのパスを複数の仮想マシンで使用すると、デバイスタイプが重複していることを示す警告が発生することがあります。

注記

parent 属性は、パスを変更して NPIV LUN の使用元となる物理 HBA の親を識別する <adapter> フィールドで使用できます。scsi_hostN フィールドは、vports 属性および max_vports 属性と合わせて、親 ID を作成します。parentparent_wwnnparent_wwpn、または parent_fabric_wwn の属性は、ホストの再起動後に同じ HBA が使用されることを保証するさまざまなレベルを提供します。

  • を指定しないと、libvirt は、NPIV に対応する最初の scsi_hostN アダプターを使用します。
  • のみを指定し、設定に SCSI ホストアダプターを追加すると、問題が発生する可能性があります。
  • parent_wwnn または parent_wwpn を指定すると、ホストの再起動後に同じ HBA が使用されます。
  • ホストの再起動後、parent_fabric_wwn を使用すると、scsi_hostN が使用されたかどうかにかかわらず、同じファブリックの HBA が選択されます。

以下は、vHBA を使用する SCSI ベースのストレージプールの XML ファイルの例です。

  • HBA にある唯一のストレージプール

    <pool type='scsi'>
      <name>vhbapool_host3</name>
      <source>
        <adapter type='fc_host' wwnn='5001a4a93526d0a1' wwpn='5001a4ace3ee047d'/>
      </source>
      <target>
        <path>/dev/disk/by-path</path>
      </target>
    </pool>
  • parent 属性を使用して SCSI ホストデバイスを識別し、vHBA を 1 つ使用する複数のストレージプールの 1 つ。

    <pool type='scsi'>
      <name>vhbapool_host3</name>
      <source>
        <adapter type='fc_host' parent='scsi_host3' wwnn='5001a4a93526d0a1' wwpn='5001a4ace3ee047d'/>
      </source>
      <target>
        <path>/dev/disk/by-path</path>
      </target>
    </pool>

関連情報

vHBA で SCSI ベースのストレージプールを作成する方法は、「CLI で vHBA デバイスを使用した SCSI ベースのストレージプールを作成する手順」 を参照してください。