Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.2. Windows 仮想マシンの最適化

RHEL 8 でホストされる仮想マシンで Microsoft Windows をゲストオペレーティングシステムとして使用すると、ゲストのパフォーマンスが悪影響を受ける可能性があります。

そのため、Red Hat は、以下のいずれかを組み合わせて実行して Windows 仮想マシンを最適化することを推奨しています。

17.2.1. Windows 仮想マシン用の KVM 準仮想化ドライバーのインストール

Windows 仮想マシンのパフォーマンスを改善する主な方法は、Windows 用の KVM 準仮想化 (virtio) ドライバーをゲストオペレーティングシステム (OS) にインストールすることです。

改善点を報告する場合は、以下のように行います。

  1. ホストマシンにインストールメディアを準備します。詳細は 「ホストマシンでの virtio ドライバーインストールメディアの準備」 を参照してください。
  2. インストールメディアを既存の Windows 仮想マシンに添付するか、新しいWindows 仮想マシンを作成する ときに添付します。
  3. Windows ゲストオペレーティングシステムに virtio ドライバーをインストールします。詳細は 「Windows ゲストへの virtio ドライバーのインストール」 を参照してください。

17.2.1.1. Windows virtio ドライバーの仕組み

準仮想化ドライバーは仮想マシンのパフォーマンスを向上し、I/O レイテンシーを下げ、ベアメタルレベルまでスループットを増加させます。Red Hat は、I/O 負荷の高いタスクとアプリケーションを実行する仮想マシンには、準仮想化ドライバーを使用することを推奨します。

virtio ドライバーは、KVM ホストで実行する Windows 仮想マシンで利用可能な、KVM の準仮想化デバイスドライバーです。これらのドライバーは、virtio-win パッケージにより提供されます。これには、以下のドライバーが含まれます。

  • ブロック (ストレージ) デバイス
  • ネットワークインターフェースコントローラー
  • ビデオコントローラー
  • メモリーバルーニングデバイス
  • 準仮想化シリアルポートデバイス
  • エントロピーソースデバイス
  • 準仮想化パニックデバイス
  • マウス、キーボード、タブレットなどの入力デバイス
  • エミュレートされたデバイスの小規模セット
注記

エミュレートされたデバイス、virtio デバイス、および割り当てられたデバイスの詳細は、10章仮想デバイスの管理 を参照してください。

KVM の virtio ドライバーを使用すると、以下の Microsoft Windows バージョンが、物理システムと同様のバージョンのように動作することが見込まれます。

  • Windows Server バージョン - Red Hat ナレッジベースの「Red Hat Enterprise Linux の KVM で認定されているゲスト OS」を参照してください。
  • Windows Desktop (サーバー以外の) バージョン:

    • Windows 7 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)
    • Windows 8 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)
    • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)
    • Windows 10 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)

17.2.1.2. ホストマシンでの virtio ドライバーインストールメディアの準備

KVM virtio ドライバーを Windows 仮想マシンにインストールするには、まずホストマシン上に virtio ドライバーのインストールメディアを準備する必要があります。これを行うには、ホストマシンに virtio-win パッケージをインストールし、仮想マシンのストレージとして提供される .iso ファイルを使用します。

前提条件

  • RHEL 8 ホストシステムで仮想化が 有効 になっていることを確認します。

手順

  1. ドライバーをダウンロードします。

    1. Red Hat Enterprise Linux のダウンロード に進みます。
    2. システムアーキテクチャーに関連する 製品バリアント を選択します。たとえば、Intel 64 および AMD64 の場合は、Red Hat Enterprise Linux for x86_64 を選択します。
    3. Version8 であることを確認します。
    4. Packages で、virtio-win を検索します。
    5. 最新のダウンロード をクリックします。

      RPM ファイルがダウンロードされます。

  2. ダウンロードディレクトリーから virtio-win パッケージをインストールします。以下に例を示します。

    # yum install ~/Downloads/virtio-win-1.9.9-3.el8.noarch.rpm
    [...]
    Installed:
      virtio-win-1.9.9-3.el8.noarch

    インストールが成功すると、virtio-win ドライバーファイルが /usr/share/virtio-win/ ディレクトリーに置かれます。これには、ISO ファイルと、ディレクトリーにドライバーファイルを持つ drivers ディレクトリー (各アーキテクチャーと対応している Windows バージョン用のファイル) が含まれます。

    # ls /usr/share/virtio-win/
    drivers/  guest-agent/  virtio-win-1.9.9.iso  virtio-win.iso
  3. virtio-win.iso ファイルを Windows 仮想マシンに割り当てます。これを行うには、以下のいずれかを行います。

    • Windows 仮想マシンを新たに作成する 際に、ファイルをディスクとして使用します。
    • ファイルを CD-ROM として既存の Windows 仮想マシンに追加します。以下に例を示します。

      # virt-xml WindowsVM --add-device --disk virtio-win.iso,device=cdrom
      Domain 'WindowsVM' defined successfully.

関連情報

17.2.1.3. Windows ゲストへの virtio ドライバーのインストール

KVM virtio ドライバーを Windows ゲストオペレーティングシステムにインストールするには、仮想マシンの作成時またはその後にドライバーを含むストレージデバイスを追加し、Windows ゲストオペレーティングシステムにドライバーをインストールする必要があります。

前提条件

手順

  1. Windows ゲスト OS で、File Explorer アプリケーションを開きます。
  2. この PC をクリックします。
  3. デバイスおよびドライブ ペインで、virtio-win メディアを開きます。
  4. 仮想マシンの vCPU のアーキテクチャーに基づいて、メディア上でインストーラーのいずれかを実行します。

    • 32 ビット vCPU を使用している場合は、virtio-win-gt-x86 インストーラーを実行します。
    • 64 ビット vCPU を使用している場合は、virtio-win-gt-x64 インストーラーを実行します。
    virtio win installer 1
  5. 表示された Virtio-win-guest-tools セットアップウィザードで表示される指示に従い、カスタムセットアップ まで進みます。

    virtio win installer 2
  6. カスタムセットアップ画面で、インストールするデバイスドライバーを選択します。推奨されるドライバーセットが自動的に選択され、ドライバーの説明が一覧の右側に表示されます。
  7. 次へ をクリックして、インストール をクリックします。
  8. インストールが完了したら、完了 をクリックします。
  9. 仮想マシンを再起動してドライバーのインストールを完了します。

検証

  1. この PC で、システムディスクを開きます。通常、これは (C:) です。
  2. Program Files ディレクトリーで、Virtio-Win ディレクトリーを開きます。

    Virtio-Win ディレクトリーが存在し、選択したドライバーのサブディレクトリーが含まれている場合は、インストールが成功しています。

    virtio win installer 3

関連情報

  • グラフィカルインターフェースではなく、Microsoft Windows Installer (MSI) コマンドラインインターフェース (CLI) を使用してドライバーをインストールできます。MSI の詳細は、Microsoft のドキュメント を参照してください。
  • NetKVM ドライバーをインストールする場合は、Windows ゲストのネットワークパラメーターを設定する必要もあります。手順は「NetKVM ドライバーパラメーターの設定」を参照してください。