Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.4. 仮想マシンの I/O パフォーマンスの最適化

仮想マシンの入出力 (I/O) 機能は、仮想マシンの全体的な効率を大幅に制限する可能性があります。これに対処するために、ブロック I/O パラメーターを設定して、仮想マシンの I/O を最適化できます。

16.4.1. 仮想マシンにおけるブロック I/O のチューニング

複数のブロックデバイスが、複数の仮想マシンで使用されている場合は、I/O ウェイト を変更して特定の仮想デバイスの I/O の優先度を調整することが重要になる場合があります。

デバイスの I/O ウェイトを上げると、I/O 帯域幅の優先度が高まるため、より多くのホストリソースが提供されます。同様に、デバイスのウェイトを下げると、ホストのリソースが少なくなります。

注記

各デバイスの ウェイト の値は 100 から 1000 の範囲内でなければなりません。もしくは、値を 0 にすると、各デバイスの一覧からそのデバイスを削除できます。

手順

仮想マシンのブロック I/O パラメーターを表示および設定するには、以下を行います。

  1. 仮想マシンの現在の <blkio> パラメーターを表示します。

    # virsh dumpxml VM-name

    <domain>
      [...]
      <blkiotune>
        <weight>800</weight>
        <device>
          <path>/dev/sda</path>
          <weight>1000</weight>
        </device>
        <device>
          <path>/dev/sdb</path>
          <weight>500</weight>
        </device>
      </blkiotune>
      [...]
    </domain>
  2. 指定したデバイスの I/O ウェイトを編集します。

    # virsh blkiotune VM-name --device-weights device, I/O-weight

    たとえば、以下では、liftrul 仮想マシンの /dev/sda デバイスのウェイトを 500 に変更します。

    # virsh blkiotune liftbrul --device-weights /dev/sda, 500