Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.2.5. Windows 仮想マシンでのバックグラウンドプロセスの最適化

Windows OS を実行している仮想マシンのパフォーマンスを最適化するには、さまざまな Windows プロセスを設定するか、無効化してください。

警告

設定を変更すると、プロセスによっては、予想通り機能しない場合があります。

手順

次の組み合わせを実行すると、Windows 仮想マシンを最適化できます。

  • USB や CD-ROM などの未使用のデバイスを削除して、ポートを無効にします。
  • Windows の自動更新を無効にします。Windows の自動更新を無効にする方法は、「Configure Group Policy Settings for Automatic Updates」または「Configure Windows Update for Business」を参照してください。

    Windows Update は、Microsoft から最新の更新およびホットフィックスをインストールする場合に不可欠です。そのため、Red Hat は Windows Update を無効にすることを推奨しません。

  • SuperFetch や Windows Search などのバックグラウンドサービスを無効にします。サービスの停止に関する詳細は、「システムサービスの無効化」 または「サービス停止」を参照してください。
  • useplatformclock を無効にします。これには以下のコマンドを実行します。

    # bcdedit /set useplatformclock No
  • スケジュール済みのディスクのデフラグなど、不要なスケジュールタスクを確認して無効にします。方法は、「スケジュール済みタスクの無効化」を参照してください。
  • ディスクが暗号化されていないことを確認します。
  • 定期的なサーバーアプリケーションのアクティビティーを減らします。これには、各タイマーを編集します。詳細は「Multimedia Timers」を参照してください。
  • 仮想マシンで Server Manager アプリケーションを閉じます。
  • ウイルス対策ソフトウェアを無効にします。ウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、仮想マシンのセキュリティーが侵害される可能性があることに注意してください。
  • スクリーンセーバーを無効にします。
  • 使用時以外は、Windows OS のサインイン画面のままにします。