Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.4. 次のステップ

  • IBM Z システム上に仮想マシンを設定する場合は、Spectre 脆弱性からゲスト OS を保護することをお勧めします。そうするには、virsh edit コマンドを使用して、次のいずれかの方法で、仮想マシンの XML 設定を変更し、その CPU を設定します。

    • ホストの CPU モデルを使用します。

      <cpu mode='host-model' check='partial'>
        <model fallback='allow'/>
      </cpu>

      これにより、ホストが ppa15 機能および bpb 機能に対応している場合は、ゲストでも利用できます。

    • 特定のホストモデルを使用している場合は、ppa15 機能および pbp 機能を追加します。次の例では、zEC12 CPU モデルを使用します。

      <cpu mode='custom' match='exact' check='partial'>
          <model fallback='allow'>zEC12</model>
          <feature policy='force' name='ppa15'/>
          <feature policy='force' name='bpb'/>
      </cpu>

      z12 CPU を使用するホストマシンの CPU モデル z114 および z196ppa15 を使用している場合は、最新のマイクロコードレベル (バンドル 95 以降) を使用する必要があります。