Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.2.4. NetKVM ドライバーパラメーター

以下の表は、設定可能な NetKVM ドライバーのロギングパラメーターに関する情報を提供します。

表17.2 ロギングパラメーター

パラメーター説明 2

logging.Enable

ロギングが有効であるかどうかを決定するブール値。デフォルト値は Enabled です。

logging.Level

ロギングレベルを定義する整数。この整数を高くすると、ログの詳細度が上がります。

  • デフォルト値は 0 (エラーのみ) です。
  • 1-2 は設定メッセージを追加します。
  • 3-4 は、パケットフロー情報を追加します。
  • 5-6 は割り込みおよび DPC レベルのトレース情報を追加します。
注記

ロギングレベルが高くなると、仮想マシンの速度が低下します。

以下の表は、設定可能な NetKVM ドライバーの初期パラメーターに関する情報を提供します。

表17.3 初期パラメーター

パラメーター説明

Assign MAC

準仮想化 NIC のローカル管理 MAC アドレスを定義する文字列。これはデフォルトでは設定されません。

Init.ConnectionRate(Mb)

1 秒あたりのメガバイト単位の接続速度を表す整数。Windows 2008 以降のデフォルト値は 10G (10,000/秒)です。

Init.Do802.1PQ

Priority/VLAN タグポピュレーションと削除サポートを有効にするブール値。デフォルト値は Enabled です。

Init.MTUSize

最大伝送単位 (MTU) を定義する整数。デフォルト値は 1500 です。500 から 65500 までの値はすべて受け入れ可能です。

Init.MaxTxBuffers

割り当てられた TX リング記述子の数を表す整数。

デフォルト値は 1024 です。

有効な値は、16、32、64、128、256、512、1024 です。

Init.MaxRxBuffers

割り当てられた RX リング記述子の数を表す整数。

デフォルト値は 256 です。

有効な値は、16、32、64、128、256、512、1024 です。

Offload.Tx.Checksum

TX チェックサムオフロードモードを指定します。

Red Hat Enterprise Linux 8 では、このパラメーターの有効な値は次のとおりです。

* IPv4 と IPv6 の両方で IP、TCP、および UDP チェックサムオフロードを有効にするすべて (デフォルト)

* IPv4 と IPv6 の両方で TCP および UDP チェックサムオフロードを有効にする TCP/UDP (v4,v6)

* IPv4 でのみ TCP および UDP チェックサムオフロードを有効にする TCP/UDP (v4)

* IPv4 でのみ TCP (v4) チェックサムオフロードを有効にする TCP (v4)