Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.3.7. Web コンソールで仮想マシンのディスクの管理

RHEL 8 Web コンソールを使用して、Web コンソールが接続している仮想マシンに設定されたディスクを管理できます。

以下を行うことができます。

11.3.7.1. Web コンソールで仮想マシンのディスク情報の表示

次の手順は、Web コンソールセッションが接続する仮想マシンのディスク状況を表示する方法を説明します。

前提条件

Web コンソールの仮想マシンプラグイン をインストールして、Web コンソールを使用して仮想マシンを管理できるようにしてある。

手順

  1. 情報を表示する仮想マシンの行をクリックします。

    行が展開し、概要ペインが表示されます。このペインには選択した仮想マシンの基本情報が記載され、仮想マシンのシャットダウンおよび削除を制御できます。

  2. ディスク をクリックします。

    ディスクペインが表示され、仮想マシンに割り当てられたディスクに関する情報が表示されます。

cockpit disk info

この情報には以下が含まれます。

  • デバイス - ディスクのデバイスの種類
  • 使用中 - 使用中のディスク容量
  • 容量 - ディスクのサイズ
  • バス - ディスクのバスの種類
  • アクセス - ディスクが書き込み可能かどうか、読み取り専用であるか。
  • ソース - ディスクデバイスまたはファイル

関連情報