Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.2.2.6.2. LVM ベースのストレージプールパラメーター

以下は、LVM ベースのストレージプールに必要なパラメーターに関する情報と例を紹介します。

指定のファイルで XML 設定に基づいてストレージプールを定義できます。以下に例を示します。

# virsh pool-define ~/guest_images.xml
  Pool defined from guest_images_logical

パラメーター

以下の表は、LVM ベースのストレージプールの XML ファイルに必要なパラメーターの一覧です。

表11.6 LVM ベースのストレージプールパラメーター

説明XML

ストレージプールの種類

<pool type='logical'>

ストレージプールの名前

<name>name</name>

ストレージプールのデバイスのパス

<source>
   <device path='device_path' />`

ボリュームグループの名前

    <name>VG-name</name>

仮想グループの形式

    <format type='lvm2' />
</source>

ターゲットパス

<target>
   <path=target_path />
</target>

注記

論理ボリュームグループが複数のディスクパーティションで作成されている場合は、複数のソースデバイスが一覧表示されている可能性があります。以下に例を示します。

<source>
  <device path='/dev/sda1'/>
  <device path='/dev/sdb3'/>
  <device path='/dev/sdc2'/>
  ...
</source>

以下は、指定した LVM に基づいたストレージプールに対する XML ファイルの例です。

<pool type='logical'>
  <name>guest_images_lvm</name>
  <source>
    <device path='/dev/sdc'/>
    <name>libvirt_lvm</name>
    <format type='lvm2'/>
  </source>
  <target>
    <path>/dev/libvirt_lvm</path>
  </target>
</pool>

関連情報

iSCSCI ベースのストレージプールの作成に関する詳細は、「CLI で LVM ベースのストレージプールの作成」 を参照してください。