Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 仮想化の使用

「RHEL 8 の仮想化」 を使用をする場合は、以下の手順に従ってください。デフォルトの方法はコマンドラインインターフェース(CLI)を使用していますが、便宜上、手順の一部は Web コンソールの GUI で完了できます。

  1. 仮想化モジュールを有効にし、仮想化パッケージをインストールします。「仮想化を有効にする」 を参照してください。
  2. 仮想マシンを作成します。

  3. 仮想マシンを起動します。

  4. 仮想マシンに接続します。

注記

現在、Web コンソールでは、仮想マシン管理機能のサブセットしか提供されないため、RHEL 8 での仮想化の高度な使用には、コマンドラインを使用することが推奨されます。

2.1. 仮想化を有効にする

RHEL 8 で仮想化を使用するには、仮想化モジュールを有効にし、仮想化パッケージをインストールして、仮想マシンをホストするようにシステムを設定する必要があります。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 8 が、ホストマシンに インストールされ登録されている
  • システムが仮想ホストとして機能するように、以下のハードウェア要件を満たしている。

    • ホストマシンのアーキテクチャーが KVM 仮想化に対応 している。
    • 最低でも、以下のシステムリソースが利用できる。

      • ホスト用に 6 GB と、各仮想マシン用に 6 GB の空きディスク容量。
      • ホスト用に 2 GB と、各仮想マシン用に 2 GB の RAM。

手順

  1. RHEL 8 仮想化モジュールにパッケージをインストールします。

    # yum module install virt
  2. virt-install パッケージおよび virt-viewer パッケージをインストールします。

    # yum install virt-install virt-viewer
  3. libvirtd サービスを開始します。

    # systemctl start libvirtd
  4. システムが仮想ホストとして準備されていることを確認します。

    # virt-host-validate
    [...]
    QEMU: Checking for device assignment IOMMU support         : PASS
    QEMU: Checking if IOMMU is enabled by kernel               : WARN (IOMMU appears to be disabled in kernel. Add intel_iommu=on to kernel cmdline arguments)
    LXC: Checking for Linux >= 2.6.26                          : PASS
    [...]
    LXC: Checking for cgroup 'blkio' controller mount-point    : PASS
    LXC: Checking if device /sys/fs/fuse/connections exists    : FAIL (Load the 'fuse' module to enable /proc/ overrides)
  5. virt-host-validate のすべての項目で PASS 値が返された場合は、システムに 仮想マシンを作成する 準備ができています。

    いずれかの項目で FAIL が返された場合は、表示される指示に従って問題を解決してください。

    いずれかの項目で WARN が返された場合は、表示される指示に従って仮想化機能を向上させることを検討してください。

関連情報

  • 仮想化がホスト CPU で対応されていないと、virt-host-validate が、以下の出力を生成します。

    QEMU: Checking for hardware virtualization: FAIL (Only emulated CPUs are available, performance will be significantly limited)

    ただし、このようなホストシステムで仮想マシンを作成しようとすると、パフォーマンス上の問題が発生するのではなく、失敗します。