Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.2.3. CLI で仮想マシン用のストレージの削除

以下では、CLI でストレージプールおよびストレージボリュームを削除する方法を説明します。

11.2.3.1. CLI でストレージプールの削除

ホストシステムからストレージプールを削除するには、プールを停止して、その XML 定義を削除する必要があります。

手順

  1. virsh pool-list コマンドを使用して、定義済みストレージプールを一覧表示します。

    # virsh pool-list --all
    Name                 State      Autostart
    -------------------------------------------
    default              active     yes
    Downloads            active     yes
    RHEL8-Storage-Pool   active     yes
  2. virsh pool-destroy コマンドを使用して、削除するストレージプールを停止します。

    # virsh pool-destroy Downloads
    Pool Downloads destroyed
  3. 任意: ストレージプールの種類によっては、virsh pool-delete コマンドを使用して、ストレージプールが含まれるディレクトリーを削除できます。これを実行するには、ディレクトリーが空である必要があります。

    # virsh pool-delete Downloads
    Pool Downloads deleted
  4. virsh pool-undefine コマンドを使用して、ストレージプールの定義を削除します。

    # virsh pool-undefine Downloads
    Pool Downloads has been undefined

検証

  • ストレージプールが削除されたことを確認します。

    # virsh pool-list --all
    Name                 State      Autostart
    -------------------------------------------
    default              active     yes
    RHEL8-Storage-Pool   active     yes