Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.2.2.2. Web コンソールでディスクイメージをインポートして仮想マシンを作成する手順

既存の仮想マシンインストールのディスクイメージをインポートして仮想マシンを作成するには、以下の手順に従います。

前提条件

  • Web コンソールの仮想マシンプラグインをインストール して、Web コンソールを使用して仮想マシンを管理できるようにしてある。
  • ディスク領域、RAM、CPU など、仮想マシンに割り当てるのに十分なシステムリソースがある。推奨値は、仮想マシンで行うタスクやワークロードにより大きく異なる可能性があります。
  • 既存の仮想マシンインストールのディスクイメージがある。

手順

  1. Web コンソールの 仮想マシン インターフェースで、仮想マシンのインポート をクリックします。

    「仮想マシンのインポート」ダイアログが表示されます。

    cockpit import vm
  2. 作成する仮想マシンの基本設定を入力します。

    • 名前 - 仮想マシンの名前
    • 接続 - libvirt 接続、システム、またはセッションの種類
    • インストールソース - ホストシステム上の仮想マシンの既存ディスクイメージ。
    • オペレーティングシステム - 仮想マシンのオペレーティングシステム。Red Hat がサポートするのは、一部のゲストオペレーティングシステム のみです。
    • メモリー - 仮想マシンを設定するメモリーのサイズ
    • 仮想マシンをすぐに起動 - 仮想マシンの作成直後にそのマシンを開始するかどうか
  3. インポート をクリックします。