Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第8章 仮想マシンのクローン作成

特定のプロパティーセットで仮想マシンの新規作成を行うには、既存の仮想マシンの クローン を作成します。

クローンを作成すると、ストレージ用に独自のディスクイメージを使用する新しい仮想マシンが作成されますが、クローン設定と保存データのほとんどはソース仮想マシンと同じです。これにより、各仮想マシンを個別に最適化せずに、特定のタスクに最適化された多数の仮想マシンを準備できます。

8.1. 仮想マシンのクローン作成の仕組み

仮想マシンのクローンを作成すると、ソース仮想マシンとそのディスクイメージの XML 構成がコピーされるため、新しい仮想マシンの一意性を確保するように設定を調整します。これには、仮想マシンの名前を変更して、ディスクイメージのクローンを使用するようにすることが含まれます。ただし、クローンの仮想ディスクに保存されているデータは、ソース仮想マシンと同じです。

このプロセスは、新しい仮想マシンを作成してゲストオペレーティングシステムと一緒にインストールするよりも高速であり、特定の構成およびコンテンツを持つ仮想マシンを迅速に生成するために使用できます。

仮想マシンの複数のクローンを作成することを計画している場合は、最初に、以下を含まない仮想マシン テンプレート を作成します。

  • 永続的なネットワーク MAC 設定などの一意の設定。これにより、クローンが適切に機能しなくなる可能性があります。
  • SSH キーやパスワードファイルなどの機密データ。

手順は「仮想マシンテンプレートの作成」を参照してください。

仮想マシンのクローンを作成するには、RHEL 8 CLI を使用します。詳細は、「コマンドラインインターフェースで仮想マシンのクローン作成」 を参照してください。