Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.6. 仮想マシンの削除

Red Hat Enterprise Linux 8 で仮想マシンを削除する場合は、コマンドラインインターフェース または Web コンソールの GUI を使用します。

2.6.1. コマンドラインインターフェースで仮想マシンの削除

仮想マシンを削除するには、コマンドラインでその XML 設定および関連するストレージファイルをホストから削除します。以下の手順を実施します。

前提条件

  • 仮想マシンからの重要なデータのバックアップを作成する。
  • 仮想マシンをシャットダウンしている。
  • その他の仮想マシンが、同じ関連ストレージを使用しないようにしている。

手順

  • virsh undefine ユーティリティーを使用します。

    たとえば、次のコマンドは、guest1 仮想マシン、関連のあるストレージボリューム、および不揮発性 RAM が存在する場合はそれを削除します。

    # virsh undefine guest1 --remove-all-storage --nvram
    Domain guest1 has been undefined
    Volume 'vda'(/home/images/guest1.qcow2) removed.

関連情報

  • その他の virsh undefine の引数については、virsh undefine --help か、virsh の man ページを参照してください。