Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.2. 仮想マシンの作成

RHEL 8 で仮想マシンを作成する場合は、コマンドラインインターフェイス または RHEL 8 Web コンソール を使用します。

2.2.1. コマンドラインインターフェイスを使用した仮想マシンの作成

virt-install ユーティリティーを使用して、RHEL 9 ホストで仮想マシンを作成するには、以下の手順に従ってください。

前提条件

  • ホストシステムで仮想化が 有効 になっている。
  • ディスク領域、RAM、CPU など、仮想マシンに割り当てるのに十分なシステムリソースがある。推奨される値は、仮想マシンで行うタスクやワークロードにより大きく異なる可能性があります。
  • オペレーティングシステム (OS) のインストールソースがローカルまたはネットワークで利用できる。これには、次のいずれかを使用できます。

    • インストールメディアの ISO イメージ
    • 既存の仮想マシンインストールのディスクイメージ

      警告

      RHEL 8 では、ホストの CD-ROM デバイスまたは DVD-ROM デバイスからインストールすることができません。RHEL 8 で利用可能な仮想マシンのインストール方法を使用する際に、インストールソースに CD-ROM または DVD-ROM を選択するとインストールに失敗します。詳細は Red Hat ナレッジベース を参照してください。

      また、Red Hat がサポートするのは、限られたゲストオペレーティングシステムのセット のみです。

  • 任意: インストールをより速く、簡単に設定するために、キックスタートファイルを利用できます。

手順

仮想マシンを作成して OS のインストールを開始するには、以下の必須引数を指定して、virt-install コマンドを使用します。

  • --name: 新しいマシンの名前
  • --memory: 割り当てるメモリーの量
  • --vcpus: 割り当てる仮想 CPU の数
  • --disk: 割り当てるストレージのタイプとサイズ
  • --cdrom または --location: OS インストールソースのタイプと場所

選択したインストール方法に応じて、必要なオプションと値が異なります。例については、以下のコマンドを参照してください。

注記

リストされているコマンドは、デフォルトの SPICE プロトコルの代わりに VNC リモート表示プロトコルを使用します。現在、VNC には SPICE が備えている機能の一部がありませんが、RHEL 9 では完全にサポートされています。その結果、ホストを RHEL 9 に移行しても、VNC を使用する VM の動作が停止することはありません。詳細は、RHEL 8 の導入における検討事項 参照してください。

  • 次のコマンドでは、demo-guest1 という名前の仮想マシンを作成し、ローカルの /home/username/Downloads/Win10install.iso ファイルに保存されている ISO イメージから、Windows 10 OS をインストールします。この仮想マシンには、2048 MiB の RAM と 2 つの vCPU が割り当てられ、80 GiB の qcow2 仮想ディスクも自動的に割り当てられます。

    # virt-install \
        --graphics vnc \
        --name demo-guest1 --memory 2048 \
        --vcpus 2 --disk size=80 --os-variant win10 \
        --cdrom /home/username/Downloads/Win10install.iso
  • 次のコマンドは、demo-guest2 という名前の仮想マシンを作成し、/home/username/Downloads/rhel9.iso イメージを使用して、ライブ CD から RHEL 9 OS を実行します。この仮想マシンにはディスク領域が割り当てられないため、セッション中に行った変更は保持されません。また、仮想マシンには、4096 MiB の RAM と、4 つの vCPU が割り当てられます。

    # virt-install \
        --graphics vnc \
        --name demo-guest2 --memory 4096 --vcpus 4 \
        --disk none --livecd --os-variant rhel8.0 \
        --cdrom /home/username/Downloads/rhel8.iso
  • 次のコマンドは、demo-guest3 という名前の RHEL 9 仮想マシンを作成し、既存のディスクイメージ /home/username/backup/disk.qcow2 に接続します。これは、マシン間でハードドライブを物理的に移動するのと似ています。したがって、demo-guest3 で使用できる OS およびデータは、イメージが処理された方法により決定します。また、仮想マシンには、2048 MiB の RAM および 2 つの vCPU が割り当てられます。

    # virt-install \
        --graphics vnc \
        --name demo-guest3 --memory 2048 --vcpus 2 \
        --os-variant rhel8.0 --import \
        --disk /home/username/backup/disk.qcow2

    ディスクイメージをインポートする場合は、--os-variant オプションを使用することが強く推奨されます。このオプションを指定しないと、作成された仮想マシンのパフォーマンスに影響を及ぼします。

  • 次のコマンドは、demo-guest4 という名前の仮想マシンを作成し、URL http://example.com/OS-install からインストールします。インストールを開始するには、作業中の OS インストールツリーを URL に指定する必要があります。さらに、OS は、キックスタートファイル /home/username/ks.cfg で自動的に設定されます。この仮想マシンには、2048 MiB の RAM、2 つの vCPU、および 160 GiB の qcow2 仮想ディスクも割り当てられます。

    # virt-install \
        --graphics vnc \
        --name demo-guest4 --memory 2048 --vcpus 2 --disk size=160 \
        --os-variant rhel8.0 --location http://example.com/OS-install \
        --initrd-inject /home/username/ks.cfg --extra-args="inst.ks=file:/ks.cfg console=tty0 console=ttyS0,115200n8"
  • 次のコマンドは、demo-guest5 という名前の仮想マシンを作成し、グラフィックスがない、テキストのみのモードである RHEL9.iso イメージファイルからインストールします。ゲストコンソールをシリアルコンソールに接続します。仮想マシンには、16384 MiB のメモリー、16 個の vCPU、および 280 GiB のディスクが割り当てられます。このようなインストールは、低速なネットワークリンクを介してホストに接続する際に便利です。

    # virt-install \
        --name demo-guest5 --memory 16384 --vcpus 16 --disk size=280 \
        --os-variant rhel8.0 --location RHEL8.iso \
        --graphics none --extra-args='console=ttyS0'
  • 次のコマンドは、demo-guest6 という名前の仮想マシンを作成します。この仮想マシンの設定は demo-guest5 と同じですが、リモートホスト 192.0.2.1 に置かれます。

    # virt-install \
        --connect qemu+ssh://root@192.0.2.1/system --name demo-guest6 --memory 16384 \
        --vcpus 16 --disk size=280 --os-variant rhel8.0 --location RHEL8.iso \
        --graphics none --extra-args='console=ttyS0'

検証

  • 仮想マシンが問題なく作成されると、仮想マシンのグラフィカルコンソールで virt-viewer 画面が開き、ゲスト OS のインストールが開始します。

トラブルシューティング

  • virt-installcannot find default network エラーを出力する場合は、以下のようにします。

    • libvirt-daemon-config-network パッケージがインストールされていることを確認します。

      # {PackageManagerCommand} info libvirt-daemon-config-network
      Installed Packages
      Name         : libvirt-daemon-config-network
      [...]
    • libvirt のデフォルトネットワークがアクティブで、自動的に起動するように設定されていることを確認します。

      # virsh net-list --all
       Name      State    Autostart   Persistent
      --------------------------------------------
       default   active   yes         yes
    • そうでない場合は、デフォルトのネットワークをアクティブにし、自動起動に設定します。

      # virsh net-autostart default
      Network default marked as autostarted
      
      # virsh net-start default
      Network default started
      • デフォルトのネットワークをアクティベートしても以下のエラーが出て失敗する場合は、libvirt-daemon-config-network パッケージが正常にインストールされていません。

        error: failed to get network 'default'
        error: Network not found: no network with matching name 'default'

        この問題を修正するには、以下のコマンドで libvirt-daemon-config-network を再インストールします。

        # {PackageManagerCommand} reinstall libvirt-daemon-config-network
      • 以下のようなエラーでデフォルトのネットワークをアクティベートできない場合には、デフォルトネットワークのサブネットとホストの既存インターフェイスで競合が発生しています。

        error: Failed to start network default
        error: internal error: Network is already in use by interface ens2

        これを修正するには、virsh net-edit default コマンドを使用して、設定の 192.0.2.* の値を、ホストで使用していないサブネットに変更します。

2.2.2. Web コンソールを使用した仮想マシンの作成、およびゲストのオペレーティングシステムのインストール

RHEL 8 ホストの GUI で仮想マシンを管理するには、Web コンソールを使用します。次のセクションでは、RHEL 8 Web コンソールを使用して仮想マシンを作成し、仮想マシンにゲストオペレーティングシステムをインストールする方法を説明します。

重要

現在、Web コンソールを使用して作成された VM は、デフォルトで SPICE リモートデスクトッププロトコルを使用します。ただし、SPICE は RHEL 9 ではサポートされていないため、ホストを RHEL 9 にアップグレードすると、VM は動作しなくなります。詳細は、RHEL 8 の導入における検討事項 参照してください。

RHEL 9 で正しく動作する VNC プロトコルを使用する VM を作成するには、コマンドラインインターフェイスを 使用します。

2.2.2.1. Web コンソールを使用した仮想マシンの作成

RHEL 8 Web コンソールが接続しているホストマシン上に仮想マシンを作成するには、以下の手順を使用します。

前提条件

手順

  1. Web コンソールの Virtual Machines インターフェイスで、Create VM をクリックします。

    Create new virtual machine ダイアログが表示されます。

    仮想マシンの新規作成ダイアログボックスを表示しているイメージ
  2. 作成する仮想マシンの基本設定を入力します。

    • 名前 - 仮想マシンの名前
    • 接続 - セッションに付与される権限のレベル。詳細は、Web コンソールで関連するダイアログボックスをデプロイメントしてください。
    • インストールタイプ - インストールでは、ローカルのインストールメディア、URL、PXE ネットワークブート、クラウドベースイメージを使用したり、または限定されたオペレーティングシステムのセットからオペレーティングシステムをダウンロードしたりできます。
    • Operating system - 仮想マシン上で実行されているゲストオペレーティングシステム。Red Hat がサポートするのは、限られたゲストオペレーティングシステムのセット のみです。

      注記

      Web コンソールから Red Hat Enterprise Linux を直接ダウンロードしてインストールする場合は、Offline token フィールドにオフライントークンを追加する必要があります。

    • Storage - ストレージのタイプ。
    • Storage Limit - ストレージ領域の容量。
    • Memory - メモリーの容量。
  3. 仮想マシンを作成します。

    • 仮想マシンでオペレーティングシステムを自動的にインストールする場合は、Create and run をクリックします。
    • オペレーティングシステムをインストールする前に仮想マシンを編集する場合は、Create and edit をクリックします。

2.2.2.2. Web コンソールでディスクイメージをインポートして仮想マシンを作成する手順

RHEL 8 Web コンソールで既存の仮想マシンインストールのディスクイメージをインポートすることで、仮想マシンを作成できます。

前提条件

手順

  1. Web コンソールの Virtual Machines インターフェイスで、Import VM をクリックします。

    Import a virtual machine ダイアログが表示されます。

    仮想マシンのインポートダイアログボックスを表示しているイメージ
  2. 作成する仮想マシンの基本設定を入力します。

    • 名前 - 仮想マシンの名前
    • ディスクイメージ - ホストシステム上の仮想マシンに存在するディスクイメージのパスです。
    • Operating system - 仮想マシンディスク上で実行されているオペレーティングシステム。Red Hat がサポートするのは、限られたゲストオペレーティングシステムのセット のみです。
    • Memory - 仮想マシンによる使用のために割り当てるメモリーの容量。
  3. 仮想マシンをインポートします。

    • 仮想マシン設定をさらに編集せずに仮想マシンにオペレーティングシステムをインストールするには、Import and run をクリックします。
    • オペレーティングシステムのインストール前に仮想マシン設定を編集するには、Import and edit をクリックします。

2.2.2.3. Web コンソールを使用したゲストのオペレーティングシステムのインストール

仮想マシンを初めて起動するときは、仮想マシンにオペレーティングシステムをインストールする必要があります。

注記

新しい仮想マシンを作成するときに Create and run または Import and run をクリックすると、仮想マシン作成時にオペレーティングシステムのインストールルーチンが自動的に開始されます。

手順

  1. Virtual Machines インターフェイスで、ゲスト OS をインストールする仮想マシンをクリックします。

    選択した仮想マシンの基本情報を含む新しいページが開き、仮想マシンのさまざまな側面を管理するための制御を行います。

    仮想マシンの詳細情報を表示するページ
  2. 任意: ファームウェアを変更します。

    注記

    新しい仮想マシンの作成時に Create and edit または Import and edit を選択し、かつ仮想マシンに OS がまだインストールされていない場合にのみ、ファームウェアを変更できます。

    ファームウェアの変更ウィンドウダイアログボックスを表示するイメージ
    1. ファームウェアをクリックします。
    2. Change Firmware ウィンドウで、必要なファームウェアを選択します。
    3. Save をクリックします。
  3. インストール をクリックします。

    仮想マシンコンソールで、オペレーティングシステムのインストールルーチンが実行します。

トラブルシューティング

  • インストールルーチンが失敗した場合は、インストールを再度開始する前に、仮想マシンを削除して再作成します。

2.2.3. Web コンソールを使用したクラウドイメージ認証による仮想マシンの作成

デフォルトでは、ディストリビューションクラウドイメージにはログインアカウントがありません。ただし、RHEL Web コンソールを使用して、仮想マシンを作成し、root アカウントとユーザーアカウントのログイン認証情報を指定して、cloud-init に渡すことができるようになりました。

前提条件

  • Web コンソールの仮想マシンプラグインが システムにインストールされている
  • ホストシステムで仮想化が 有効 になっている。
  • ディスク領域、RAM、CPU など、仮想マシンに割り当てるのに十分なシステムリソースがある。推奨される値は、仮想マシンで行うタスクやワークロードにより大きく異なる可能性があります。

手順

  1. Web コンソールの Virtual Machines インターフェイスで、Create VM をクリックします。

    仮想マシンの新規作成ダイアログが表示されます。

    仮想マシンの新規作成ダイアログボックスを表示しているイメージ
  2. 名前 フィールドに、仮想マシンの名前を入力します。
  3. Details タブの Installation type フィールドで、Cloud base image を選択します。

    Create new virtual machine by using cloud-init ダイアログボックスを表示するイメージ。
  4. インストールソース フィールドで、ホストシステム上のイメージファイルへのパスを設定します。
  5. 作成する仮想マシンの設定を入力します。

    • オペレーティングシステム - 仮想マシンのオペレーティングシステム。Red Hat がサポートするのは、限られたゲストオペレーティングシステムのセット のみです。
    • ストレージ - 仮想マシンを設定するストレージの種類
    • ストレージのサイズ - 仮想マシンを設定するストレージ容量
    • メモリー - 仮想マシンを設定するメモリーのサイズ
  6. Automation タブをクリックします。

    クラウド認証の認証情報を設定します。

    • root パスワード - 仮想マシンの root パスワードを入力します。root パスワードを設定しない場合は、フィールドを空白のままにします。
    • ユーザーログイン - cloud-init ユーザーログインを入力します。ユーザーアカウントを作成しない場合は、このフィールドを空白のままにします。
    • ユーザーパスワード - パスワードを入力します。ユーザーアカウントを作成しない場合は、このフィールドを空白のままにします。

      Create new virtual machine ダイアログボックス の Automation タブを示すイメージ
  7. Create and run をクリックします。

    仮想マシンが作成されます。