Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.5. 仮想化機能のサポートの概要

以下の表は、対応するシステムアーキテクチャーで、RHEL 8 で選択された仮想化機能のサポート状態に関する比較情報を提供します。

表20.1 デバイスのホットプラグとホットアンプラグ

 Intel 64 および AMD64IBM ZIBM POWER

CPU ホットプラグ

サポート対象

サポート対象

サポート対象

CPU のホットアンプラグ

サポート対象外

サポート対象外

サポート対象外

メモリーのホットプラグ

サポート対象

サポート対象外

サポート対象

メモリーのホットアンプラグ

サポート対象外

サポート対象外

サポート対象外

PCI ホットプラグ

サポート対象

サポート対象 [a]

サポート対象

PCI ホットアンプラグ

サポート対象

サポート対象 [b]

サポートされています。

[a] virtio-*-pci ではなく virtio-*-ccw デバイスを使用する必要があります。
[b] virtio-*-pci ではなく virtio-*-ccw デバイスを使用する必要があります。

表20.2 選択したその他の機能

 Intel 64 および AMD64IBM ZIBM POWER

NUMA チューニング

サポート対象

サポート対象外

サポート対象

SR-IOV デバイス

サポート対象

サポート対象外

サポート対象

virt-v2v および p2v

サポート対象

サポート対象外

サポート対象外

Red Hat Virtualization や Red Hat OpenStack プラットフォームなど、その他の Red Hat 製品でサポートされない機能の一部がサポートされることに注意してください。詳細は、「RHEL 8 仮想化で対応していない機能」 を参照してください。

関連情報