Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

1.2. 仮想化の利点

仮想マシンの使用には、物理マシンを使用する場合と比較して、以下の利点があります。

  • リソースの柔軟性と詳細な割り当て

    仮想マシンは、通常、物理マシンであるホストマシンで稼働し、使用するゲスト OS に物理ハードウェアを割り当てることもできます。ただし、仮想マシンへの物理リソースの割り当てはソフトウェアレベルで行うため、柔軟性が非常に高くなります。仮想マシンは、ホストメモリー、CPU、またはストレージ領域で設定可能な割合を指定して、非常に詳細なリソース要求を指定できます。

    たとえば、ゲスト OS がディスクとして見るものは、ホストファイルシステムではファイルとして表示され、そのディスクのサイズは、物理ディスクで利用可能なサイズよりも少なくなります。

  • ソフトウェアで制御される設定

    仮想マシン全体の設定は、ホスト上のデータとして保存され、ソフトウェア制御下にあります。したがって、仮想マシンの作成、削除、クローン作成、移行、リモートからの操作、リモートストレージへの接続などを簡単に行うことができます。

  • ホストからの分離

    ゲスト OS は、ホストの OS とは別の仮想化カーネルで実行します。つまり、任意の OS を仮想マシンにインストールでき、ゲスト OS が不安定になっても、または不正アクセスされても、ホストには影響を及ぼしません。

  • 領域とコスト効率

    1 台の物理マシンで仮想マシンを多数ホストできます。したがって、複数の物理マシンが同じタスクを実行する必要がないため、物理ハードウェアに対する領域、電力、およびメンテナンスの要件が低くなります。

  • ソフトウェアの互換性

    仮想マシンは、ホストとは異なる OS を使用できるため、仮想化により、本来はホスト OS 用にリリースされていないアプリケーションを実行できるようになります。たとえば、RHEL 6 のゲスト OS を使用すると、RHEL 6 用にリリースされたアプリケーションを RHEL 8 ホストシステムで実行できます。

    注記

    RHEL 8 ホストでは、すべてのオペレーティングシステムがゲスト OS としてサポートされているわけではありません。詳細は、「RHEL 8 仮想化で推奨される機能」 を参照してください。