Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.3.2. コマンドラインインターフェースで仮想マシンのメモリーの追加と削除

仮想マシンのパフォーマンスを改善したり、使用しているホストリソースを解放したりするために、CLI を使用して仮想マシンに割り当てられたメモリーの量を調整できます。

前提条件

  • ゲスト OS がメモリーバルーンドライバーを実行している。これを確認するには、以下を実行します。

    1. 仮想マシンの設定に memballoon デバイスが含まれていることを確認します。

      # virsh dumpxml testguest | grep memballoon
      <memballoon model='virtio'>
          </memballoon>

      このコマンドで出力が表示され、モデルが none に設定されていない場合は、memballoon デバイスが存在します。

    2. ballon ドライバーがゲスト OS で実行されていることを確認します。

手順

  1. 任意: 最大メモリーと、仮想マシンに現在使用されている最大メモリーの情報を取得します。これは、変更のベースラインとして、さらに検証用として機能します。

    # virsh dominfo testguest
    Max memory:     2097152 KiB
    Used memory:    2097152 KiB
  2. 仮想マシンに割り当てる最大メモリーを調整します。この値を増やすと、仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性が向上し、値を減らすことで、仮想マシンがホスト上にあるパフォーマンスフットプリントが低減します。この変更は、停止している仮想マシンでのみ実行できるため、実行中の仮想マシンを調整するには再起動する必要があります。

    たとえば、仮想マシン testguest が使用可能な最大メモリーを 4096 MiB に変更するには、次のコマンドを実行します。

    # virt-xml testguest --edit --memory memory=4096,currentMemory=4096
    Domain 'testguest' defined successfully.
    Changes will take effect after the domain is fully powered off.
  1. 任意: 仮想マシンが現在使用しているメモリーを最大割り当てまで調整することもできます。これにより、仮想マシンの最大割り当てを変更せずに、仮想マシンが次回の再起動までホスト上にあるメモリー負荷が調整されます。

    # virsh setmem testguest --current 2048

検証

  1. 仮想マシンが使用するメモリーが更新されていることを確認します。

    # virsh dominfo testguest
    Max memory:     4194304 KiB
    Used memory:    2097152 KiB
  2. (必要に応じて) 現在の仮想マシンメモリーを調整すると、仮想マシンのメモリーバルーンの統計を取得して、そのメモリー使用量をどの程度効果的に調整するかを評価できます。

     # virsh domstats --balloon testguest
    Domain: 'testguest'
      balloon.current=365624
      balloon.maximum=4194304
      balloon.swap_in=0
      balloon.swap_out=0
      balloon.major_fault=306
      balloon.minor_fault=156117
      balloon.unused=3834448
      balloon.available=4035008
      balloon.usable=3746340
      balloon.last-update=1587971682
      balloon.disk_caches=75444
      balloon.hugetlb_pgalloc=0
      balloon.hugetlb_pgfail=0
      balloon.rss=1005456

関連情報