Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

45.9. ゾーンを使用し、ソースに応じた着信トラフィックの管理

ゾーンを使用して、そのソースに基づいて着信トラフィックを管理するゾーンを使用できます。このコンテキストでの着信トラフィックとは、システム宛てのデータ、または firewalld を実行しているホストを通過するデータです。ソースは通常、トラフィックの発信元の IP アドレスまたはネットワーク範囲を指します。その結果、着信トラフィックをソートして異なるゾーンに割り当て、そのトラフィックが到達できるサービスを許可または禁止することができます。

ソースアドレスによる一致は、インターフェイス名による一致よりも優先されます。ソースをゾーンに追加すると、ファイアウォールは、インターフェイスベースのルールよりも着信トラフィックに対するソースベースのルールを優先します。これは、着信トラフィックが特定のゾーンに指定されたソースアドレスと一致する場合、トラフィックが通過するインターフェイスに関係なく、ソースアドレスに関連付けられたゾーンによってトラフィックの処理方法が決定されることを意味します。一方、インターフェイスベースのルールは通常、特定のソースベースのルールに一致しないトラフィックのためのフォールバックです。これらのルールは、ソースがゾーンに明示的に関連付けられていないトラフィックに適用されます。これにより、特定のソース定義ゾーンがないトラフィックのデフォルトの動作を定義できます。

45.9.1. ソースの追加

着信トラフィックを特定のゾーンに転送する場合は、そのゾーンにソースを追加します。ソースは、CIDR (Classless Inter-domain Routing) 表記法の IP アドレスまたは IP マスクになります。

注記

ネットワーク範囲が重複している複数のゾーンを追加する場合は、ゾーン名で順序付けされ、最初のゾーンのみが考慮されます。

  • 現在のゾーンにソースを設定するには、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --add-source=<source>
  • 特定ゾーンのソース IP アドレスを設定するには、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --zone=zone-name --add-source=<source>

以下の手順は、信頼される ゾーンで 192.168.2.15 からのすべての着信トラフィックを許可します。

手順

  1. 利用可能なすべてのゾーンをリストします。

    # firewall-cmd --get-zones
  2. 永続化モードで、信頼ゾーンにソース IP を追加します。

    # firewall-cmd --zone=trusted --add-source=192.168.2.15
  3. 新しい設定を永続化します。

    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

45.9.2. ソースの削除

ゾーンからソースを削除すると、当該ソースに指定したルールは、そのソースから発信されたトラフィックに適用されなくなります。代わりに、トラフィックは、その発信元のインターフェイスに関連付けられたゾーンのルールと設定にフォールバックするか、デフォルトゾーンに移動します。

手順

  1. 必要なゾーンに対して許可されているソースのリストを表示します。

    # firewall-cmd --zone=zone-name --list-sources
  2. ゾーンからソースを永続的に削除します。

    # firewall-cmd --zone=zone-name --remove-source=<source>
  3. 新しい設定を永続化します。

    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

45.9.3. ソースポートの削除

ソースポートを削除して、送信元ポートに基づいてトラフィックの分類を無効にします。

手順

  • ソースポートを削除するには、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --zone=zone-name --remove-source-port=<port-name>/<tcp|udp|sctp|dccp>

45.9.4. ゾーンおよびソースを使用して特定ドメインのみに対してサービスの許可

特定のネットワークからのトラフィックを許可して、マシンのサービスを使用するには、ゾーンおよびソースを使用します。以下の手順では、他のトラフィックがブロックされている間に 192.0.2.0/24 ネットワークからの HTTP トラフィックのみを許可します。

警告

このシナリオを設定する場合は、default のターゲットを持つゾーンを使用します。192.0.2.0/24 からのトラフィックではネットワーク接続がすべて許可されるため、ターゲットが ACCEPT に設定されたゾーンを使用することは、セキュリティー上のリスクになります。

手順

  1. 利用可能なすべてのゾーンをリストします。

    # firewall-cmd --get-zones
    block dmz drop external home internal public trusted work
  2. IP 範囲を internal ゾーンに追加し、ソースから発信されるトラフィックをゾーン経由でルーティングします。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-source=192.0.2.0/24
  3. http サービスを internal ゾーンに追加します。

    # firewall-cmd --zone=internal --add-service=http
  4. 新しい設定を永続化します。

    # firewall-cmd --runtime-to-permanent

検証

  • internal ゾーンがアクティブで、サービスが許可されていることを確認します。

    # firewall-cmd --zone=internal --list-all
    internal (active)
      target: default
      icmp-block-inversion: no
      interfaces:
      sources: 192.0.2.0/24
      services: cockpit dhcpv6-client mdns samba-client ssh http
      ...

関連情報

  • firewalld.zones(5) の man ページ